好きな人が欲しい病

最近好きになれる人を探している

顔を見るだけで、目が♡になって、ホルモンをドバッと出してくれる相手。

恋愛を休み中の女性達にとって、これがジャニーズだったり、韓流だったり、ハリウッドスターだったりするんだろうけど

普段、ジムにでも行けば、あの人ちょっとキュートね、なんてことはよくあるし、なにより、バーチャルなトキメキに頼るなんて、正直、おばさんの証拠だと思っていた。

しかしだ

携帯やラップトップで気軽にその姿が見られて、一方的なファンタジーの対象になる相手がいれば、確かに便利だ。

これが、実際に顔を合わせる相手だったら、例え一方的だとしても、なんだか不謹慎で非生産的な気もするけれど、俳優だったらなんの気兼ねもいらないんだし

それで普段出ないホルモンでも放出できて、ちょっとでも美容に効果があるのなら、こんなに良いことはないではないか。

そんな話を、先日フランスからニューヨークに来ている知人としていたら、彼女は、『ベネディクト・カンバーバッチ』に夢中だという。

彼が主演する『シャーロック』をため息混じりに観ては、ホルモンを潤している、なんて聞いていたら、羨ましくなってきた。

ふーん、確かに、キュートだし、頭も良いし、悪くないかあ....

なんて、どういうわけか、私まで無理やり好きになってみようかと思ったけど、気持ちがついてこない。

ああ、誰か好きな人が欲しい。

出産後、映画をみることが減っていたのも、トキメキ不足の原因かもしれない...

そんな不純な動機も含め、もっと映画がみたい今日この頃。

・・・・・・・・・・
☆ブログも更新中: NYでデトックス

Facebookに「いいね」して頂くと、ブログやウェブマガジン連載の更新状況が届きます
・・・・・・・・・・



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

白石里美

NYからの小話

ランチのお供に軽く読めるエッセイ集

コメント2件

共感~ イメージでもホルモンを出るでしょう~、、とか聞いて昔は意味不明と思ってたのに。
最近では「塗るだけで好き光線でるのとかないかね?」とか話してます。筋トレしながら。笑
@Makiko Kitamura あはは。ある時からどれだけ自己満足・自己完結できるか、という戦いになってきますよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。