見出し画像

スタートアップの成長におけるビッグデータの活用

ビッグデータの時代に、スピードが加速する今日のビジネスでは24時間体制で業務を続けるのも不十分です。スタートアップは、この激しい競争の中で生き残りたいなら、ビッグデータの急速な進歩に遅れをとらず、自社の強みを把握し、自社事業の持続的な成長が勝利の鍵です。

ビッグデータとは、大量(Volume)、多種類(Variety)、高頻度(Velocity)のデータのことを指します。ビッグデータの活用によって、社内のビジネスプロセスを改善し、業界の関連情報に素早くアクセスすることができます。

しかし、多くの企業は新しいテクノロジーを導入するコストを過大評価し、そのビッグデータをGoogle、Amazon、Facebook、Appleなどの巨大企業の特権と見なしています。実は、ビッグデータはスタートアップの成長に必要なリソースを提供しています。

そうした状況を鑑みて、本記事では、ビッグデータは、スタートアップの成長にどのように役立つのかという問題を説明します。

業界の動向を把握する
マーケティング効率を高める
社内コラボレーションを強化する
カスタマービューを生成する


1. 業界の動向を把握する

どんな業界でも、業界の動向を調査して予測できることは避けられません。起業家としての最も経済的な方法は、ビッグデータを活用して、業界情報を把握できるようにすることです。Googleトレンドは、起業家が業界内の発展トレンドを理解するのに役立つ便利なツールです。

Googleトレンドでは、特定の期間におけるサイトの合計検索ボリュームに対して、特定の検索キーワードがどれくらい検索されているのかを示します。

Googleトレンドを使うと、ユーザーがどのキーワードを検索しているか、どのようにトレンドが推移しているか見えます。それに、国や地域、関連キーワードやトピックも見えます。経営経験が短かくデータ量が少ない企業にはGoogleトレンドは重要な集客ツールとなり、マーケティング対策にも活用できます。ぜひ活用してみてください。

2. マーケティング効率を高める

市場シェアを拡大し、ターゲットグループを拡大することは、スタートアップの成長に不可欠です。限られた予算の中で、マーケティングの効果を最大化する方法は?ビッグデータを利用すると、顧客になる可能性が極めて低い人を広告配信の対象から除外することができます。AllSightなどの顧客インテリジェンスツールを使うと、企業が広告キャンペーンにお金を無駄にするのを防ぐことができます。

AllSightは、顧客データを管理するためのAI駆動型のプラットフォームです。最新のテクノロジーを使用して、断片化されたデータをシステムに統合し、インテリジェンスプラットフォームで強化します。マーケティング担当者と経営者は、企業はエンタープライズ規模の顧客データとアナリティクスの活用を通じて、ターゲットグループをよりよく理解して、これまで以上に充実した長期にわたる顧客関係を構築でき、自社製品を効果的に宣伝できるようになりました。

3. 社内コラボレーションを強化する

効果的な社内コラボレーションは、スタートアップ企業にとって重要な役割を果たします。なぜなら、社内コミュニケーションをを改善し、生産性向上や業務効率化させることができるからです。社内コミュニケーションが良くない会社は、働き雰囲気が良くないというだけでなく、意思疎通や相互理解の不足から、業務効率が低下するリスクもあり、スムーズに発展することが難しいです。

ビッグデータやクラウドストレージの発展とともに、チームメンバーはファイル、ドキュメント、その他の情報を共有できるようになりました。GoogleドライブとGoogleドキュメントは、メンバーの共同作業に役立ちます。

たとえば、Googleドキュメントは、ドキュメントやスプレッドシートをオンラインで作成、編集、保存できる無料のWebベースのアプリケーションです。Google ドキュメント、 スプレッドシート、スライドを使って、世界中のあらゆる場所からリアルタイムで他のメンバーと共同作業ができます。

4. カスタマービューを生成する

マーケティングとは、適切なタイミングで適切な顧客にリーチすることであるため、ビッグデータを活用して、購入を予測し、顧客の行動を分析し、製品を購入する人々をよりよく理解できます。ビッグデータを使うと、顧客の包括的なビューを簡単に作成することができます。

アプローチの1つは、ビッグデータは顧客の記録や選択を追跡し、顧客のニーズを予測し、それぞれに合わせた商品を勧めるために用いられます。2012年には、How Target Figured Out A Teen Girl Was Pregnant Before Her Father Didという有名なケースがあります。小売大手「ターゲット」は、女子高校生の買い物履歴から、妊娠しているのを予測し、ベビー用品のクーポンを送信しました。

それに、ビッグデータにより、起業家は製品に関する顧客の意見を了解し、製品と業務プロセスを改善できるようになりました。たとえば、Appleの新製品を体験した後、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアで感想を発表することがよくあります。Apple Incが、ユーザーの声を知りたいなら、ソーシャルメディアから意見を収集することは良い選択です。

OctoparseなどのようなWebスクレイピングツールを使うと、コーディングせずにTwitterからツイートやコメントを簡単に抽出し、ダウンロードできます。世間の声を分析することで、カスタマーエクスペリエンスを向上させることができます。


とにかく、ビッグデータは、スタートアップ企業が効率性や収益性を高めるのに役立ちます。競争が激しい現代の市場において、競争優位性を生み出すために、ビッグデータを活用してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Octoparse Japan

Octoparse は、視覚的に分かりやすくWebサイトから大量の情報を手軽に抽出できるWebスクレイピングツールです。 コードを書くことなく、スクレイピングの初心者でも使えます。自動化システムで時間と費用の大幅なコストダウンに貢献いたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。