頼りたくない、だけど、頼らないから、築けない。

 ふとした瞬間に、あの人に謝らなくちゃ、という激しい落雷衝動に見舞われる。

 あのときはわからなかったけど、今になってやっとわかることが、急に胸を鷲掴みしてギュッと締め付けてくる。そんな感じ。

 その人がそこにいること、それをやってくれることは、当たり前なんかじゃない。

この続きをみるには

この続き:1,131文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ライバルは、ヤングドーナッツ(1個30円)。懐かしく、ほのかに甘く、噛み応えのあるドーナッツに負けないくらいの消費感を味わってもらえますよう。

twitterやfacebookでは書ききれないエピソードや考察、ついSNSの建前で包み隠してしまう本音のぶちまけ、コンテンツの雑感な...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしも投げ銭もらったら、もっとnoteをつくったり、他の人のnoteを購入するために使わせてもらいます。

てへぺろ
7

大見謝らじを

ケケケという屋号でカクテルつくったり企画したり / 芸能と民俗と風俗 / ことばと思想とコミュニケーション / 元ライター

大見謝の頭の馬鹿

twitterやfacebookでは書ききれないエピソードや考察、ついSNSの建前で包み隠してしまう本音のぶちまけ、コンテンツの雑感などをぬるっとお届けします。馬鹿にかまってください。【1本600~2000字を、月10本配信】
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。