見出し画像

2018年から2019年へ、今回の紅白歌合戦は最高だった!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨晩は、早めに夕飯を食べて、「あー、今年は紅白歌合戦と裏番組を交代でみるかなぁ」と家族で考えていた。

今年は、紅白側の歌の順番をみると、最後に紅白関係なし枠でサザンが名曲2曲を歌うし、星野源さんが出る、そして生でそうそう見れない「米津玄師(よねづけんし)」さんが生歌で出るとわかり、慌てて、出演タイミングがわかる公式アプリをダウンロードして、気に入った人が出た時はチャンネルを切り替えるという作戦に出た。

米津玄師さんは本名。ボーカロイドプロデューサーでの名前はハチ。歌手として活動する時は本名を使うので、間違えてしまうと、熱狂的ファンからは怒られるので、ご注意を。
SNSでお名前をディスる方がハッシュタグをつけているけれど、そろそろ熱狂的ファン(米民ともいわれる)からのお叱りを受けるのでやめようね。自分だって、お名前でいじられるのっていやでしょ?

今年の紅白は、裏番組をみる暇なんてないぐらい、チャンネルを変えるなんてできなかった。
チャンネルを変えようかなぁーと思えば、DA PAMPの「U.S.A」で家族全員踊るし、北島三郎さんが「まつり」を歌うし、天童よしみさんのところでは、筋肉体操が繰り広げられ、「あー、今年の紅白は裏番組が見れないー!」で進行が進んだ。

三浦大知さんや星野源さんなど、紅白にはもういなくてはならない存在の方々が出たあと、いよいよ、徳島からの中継で、米津さんの「Lemon」が始まった。

いつも聞く歌声とほぼかわった様子はなく、いつもの米津さんの歌声だった。実は、私、ダンス系の歌手の方はもちろん、米津玄師さんファンで、「nana」というアプリで、最近「フラミンゴ」を歌って録音した。

あの人の音程は特徴的なものがあるものの、「歌に込められた気持ちが理解できないと歌えない」と気づかされた。「Lemon」は技術的には歌えるけれど、心がまだ入りきれなくて歌いにくい曲。

彼が歌っている間のtwitterは一瞬だけ流れが止まり、歌い終わってから賞賛のツイートが連発で出た。
歌い終わってからの10分後ともうしばらく経ってからと二度お礼のメッセージがtwitterで流された。


最後は、世界の布袋さんがギターで登場するし、サザンの異常な盛り上がりで私と子ども(旦那寝てた)が踊り倒すという、今年は裏番組を見る隙を与えない「紅白歌合戦」だった。

今朝の情報番組を見ると「動いた! 米津玄師」「歌声絶賛」と米津さんへの賞賛とサザンや北島三郎さん、ユーミンの底力が紹介されていたけれど、今回の紅白ほど、面白くて、楽しくて、チャンネル変更をしなかったことはなかったのではないか?

さすがに「動いた! 歌った! 」は「そりゃ歌うし動くでしょ」と苦笑いしたけれど、滅多に音楽番組などには出てこない人だったので、感動した。

さて、2019年になって、初めて書くnoteですが、よほどの事情がない限り、毎日書き続けていきます。
今年は、イラストにも挑戦できたらいいし、写真もせっかく某売買アプリで、買ったミラーレス一眼があるので、活用したいなぁ。

とまぁ、いろいろとこの場所で、試していたいこと、書きたいことはやっていくので、どうぞよろしくお願いします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「お!応援してあげたいなぁ」と気に入ってくだされば、サポートで頂いたお金は、物書き活動のための足しにしていきます。

スキボタンを押してくださると元気がでます!
29

ペンペン

大阪在住でWEBライター業(2019年9月より体調不良により休業)実生活は持病を抱えながらも、のんびりふわふわ母親です。noteという場所で、いろんな人とつながりたいです。仕事依頼は当面ストップ中ですので、ご了承ください。

2019年のnote

2019年に書いたnoteをまとめています

コメント6件

米津さん、レアでしたよね。美術館も素晴らしかったので、さらに有難い感じで観ました。息子は米津さんのところ、テレビの前に正座して厳粛に学校拝聴」しておりました(笑)。
ママンの書斎さん 米津さん、聞いていて涙が出ました。滅多に公の場に出ない方なので、感動しました。息子さん、可愛らしい😊
そうですよね。息子が「テレビに出る米津さんは大変レアなので、心して観るように!」と言ってました。
ご主人が寝ていらっしゃる横で、踊り倒したぺんぺんさんとお子さんも微笑ましいです😊
ママンの書斎さん 息子さん、とても詳しいのですね😊我が家は、米津ファンなので、心して聞きました。今年の紅白は、ダンス甲子園級に、楽しくて、親子でついつい盛り上がりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。