ヒロイン




あたたかく湿った風が
はえそろった新緑をはためかせる。
春のあらし
陽が沈みきって予感を置いていった。
確信する、きみが泣いている。

花びら渦巻かす風を、
つま先で操ってきみの窓を目指す。
わたし、もう知っている
この背にしかせおえない色のマントを。

雲は急ぎゆく、
おとめ座がささやく、
はなやいで木々は輪郭をやわらげる。
パーティを抜けて
雲と並走して
わたしはとんでゆく。

待っていて、
必ずそこに降り立つから。
助けてあげる、と
覚悟して言えたなら永遠だって許して。

夜空。
きみの街が見える、
ついで、
きみの窓が見える。

ちいさなつむじ風を降りて、
トン、と、つま先をつける。
大丈夫だと告げにきました。
ドアをノックする、
鍵のひらく音が、胸に響きわたる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

星村 文未

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。