外道照身霊波光線

外道照身霊波光線

昼食時、ちひろの生まれた家に行きたい、あの優しい雰囲気に包まれたい、と思った。

優しい雰囲気の中でなら、僕は、ずっと絵を描いていたかもしれない、と思った。

しかし、僕の魂は、僕を厳しい道へ誘(いざな)った。

そして、物事の本質を見る眼が養われた。

本当のものが見えてしまう。

本当のことがわかってしまう。

もちろん限界はあって、なんでもかんでも見えるわけではないし、なんでもかんでもわかるものではない。

でも、今でも、必要十分な範囲を超えて見えてしまうし、わかってしまう。

一見よさそうなこと、一見優れていること、一見正しいことが、実は、あってはならないこと、なんてことは、ザラにある。

見えてしまい、わかってしまうと、良いことなんてひとつもない。

人との折り合いの悪ことといったらありゃしない。

だって、見られたくないもの、知られたくないことを知られてしまうのだ。

敬遠されること甚だしい。

正しいことなんて、誰も求めてはいない。

さて、この、見える、わかる、を、誰かのために使うことなんて、できるのかしらね。

見える、わかる、は、ただ単に生きづらいだけ。

霊能力を持っていて、いろんなものが見えてしまう人などは、軒並みそう言っている。でも、そういう人たちは、霊能力を、たとえば、行方不明の人の探索などに役立てている人もいるし、警察などは、頼りにしている、という場面もある。

しかし、僕の、「物事の本質を見抜いてしまう」は、霊能者の、そういう、使える能力でははく、誰にとっても、煙たいものでしかない。隠し事ができないんだから。

これを書いていて思い出した。

「外道照身霊波光線」

まさにそんな感じ。

厳しい道を歩んで、「物事の本質を見抜いてしまう」ようになったのだから、何かに役立てたいものだが。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
5

山里ぽん太

Houdiniでお絵描きしています。 http://pontayamazato.sokowonantoka.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。