スピード感とは?~What is the definition of fast?~(Japanese and English)

「スピード感を持って動け!」

「スピード感を大事にしろ!」

昨今ではスピード感という言葉が広く使われています。

ちなみに僕もヘビーユーザーです。


ただ、ふと頭によぎったことがあります。

”スピード感”とは何を定義しているのだろうか?ということです。


高速でタスクをこなす。

コンマ1秒でメールを返す。

(特に思考せず)迷わずに決断する。


様々なアクションを通して、スピード感があると表現できるかもしれません。

しかし、上記のアクションに対して、スピード感という言葉を用いるならば、「短期的な視点から見て、スピード感がある」という表現の方が適切かもしれません。


短期的な視点でのスピード感も大事だと思っています。

何事も後回しにせず、すぐに行った方がいいので。(僕にはこの能力がまだまだ欠けていますが。。)

しかし、長期的な視点でのスピード感もあると定義して話を進めてみると、短期的な視点でのスピード感にこだわりすぎて、後々振り返ると、結果的にスピード感がなかったという評価をつけられる可能性もあります



今後あなたの会社が、プロジェクトが、活動がどこを目指しているのか?

その方向に進む上で、大切にすべきことは、今すべきことはなんだろうか?


この話は優先順位付けの話にも関わってきます。

多くの人は、緊急で重要なことはすぐに行うことができます。

緊急で重要なので。笑

ただ、見落としがちなのが、「緊急ではないけど、重要」なことです。


先ほどの、「短期的な視点でのスピード感」と「長期的な視点でのスピード感」に優先順位付けの話を絡めてみましょう。

「短期的な視点でのスピード感」は、「緊急重要なことをこなす」ことに繋がると思います。

日々の業務の中で、緊急重要なことは山のようにあります。

その業務をこなすことに精一杯になってしまうことが多いのが現実です。

しかし、そのまま1年、2年の年月が経ったとしましょう。

あなたは何を生み出せているでしょうか?

きっと、生み出せているものは少ないと思います。

これは、「短期的な視点でのスピード感」に囚われてしまった際に生じる現象です。


そのような状態にならないためにも、「長期的な視点でのスピード感」を常に意識する必要があります。

すなわち、緊急ではないけど、重要なことに目を向ける必要があるということです。

1年後、2年後の自分から今の自分を見て(逆算思考という概念)、その自分にロープを垂らしてあげる。

「将来この場所に来たいなら、このロープを辿ってくる必要があるよ。」

自分の向かいたい先への道しるべを、自分で描く必要があります。

そのロープを辿るということは、緊急重要ではないことの優先順位を上げることを意味します。

そこはバランスを意識する必要があります。


そのバランスを取るためには、短期的、長期的の両方の視点を考慮しての優先順位付けは意識することが重要です

スピード感という言葉を、短期的な視点でのみ考えずに、長期的な視点も考慮しながら用いることで、本質的な意味での「スピード感」を見いだすことができます。


さて、僕も明日からまた「スピード感」を意識して働くとします。


What does it mean to be “fast”?

It is common to prioritize speed during work. In the field of business nowadays, the mentality that being fast is one of the keys to success is drilled into people. I am quite the heavy user of this word — fast.

There was a time when this question arose in my mind: what does “fast” really even mean?

To complete all of your tasks in the blink of an eye.
To
reply to all the messages in your inbox as soon as possible.
To make a split-second decision in a moments notice.

There are many things you can do that could be considered working fast, but if you were to take into consideration the 3 sentences above, you might have to add the preamble that these tasks are fast specifically when looked at through a short term perspective.

Of course it is important to get tasks done as soon as possible, as humans are creatures of procrastination by nature. However, speed can be split into the two categories of long term and short term speed. If you look at things in this manner, you might find that focusing on short term speed can actually have adverse effects on your long term progress.

In what direction is your company, project, or current activity headed? What do you need to accomplish in the short term, as it pertains to your long term goals?

These questions fall neatly into the conversation about prioritization. Anyone can get something accomplished when it is an emergency, because it’s an emergency, but what we tend to overlook is the things that are not urgent enough to be considered emergencies, but still important — or even crucial, to our end goals.

To get back on the topic of short and long term speed, lets first take a closer look at the short term. It is easier to relate to, as the necessity of getting urgent tasks done as soon as possible is a universal idea.

In a single day, there are countless such tasks that fall under this category, if you let them. It is sad, but the reality is that most people have to spend a majority of each day either getting these tasks out of the way, or stressing about doing so. It is a hectic lifestyle.
Let’s say that two years pass in this manner. One might find that nothing has been produced to show for all the previous work, despite feeling that they were busy the whole time. This is one of the potential outcomes of focusing on speed in the short-term.

To avoid this pitfall, it is important to be conscious of speed in the long term sense. In other words, you have to recognize and identify the differences between what is urgent and what is important. The actions it takes to achieve something that is important in the long term are usually not so urgent, but still need to be done with consistency.
It is necessary to identify what is important in the long term, and disregard it’s lack of urgency in the short term. Likewise, one must recognize when things seem urgent because they need to be done in the short term, but are actually not that important.
In my opinion, you are more likely to find that the things you consider the most important, do not seem so urgent in the short term, but that taking the steps towards these things slowly and consistently is actually crucial.

To find the balance between the two, one must make their priorities with both short term and long term speed in mind.
They are two different types of speed, and striking this balance between the two is key to understanding what is is to be “fast” in general.

I too need to be more conscious of what being “fast” means to me, starting now.










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Rio

新卒起業、ゲストハウスマネージャーの記録

合同会社Staylink 共同代表 柴田涼平が、ゲストハウスでの日常業務や、世界中から訪れるゲストや仲間との対話、未来に向かって進んで行く、毎日を通しての気づきや、伝えたいことを綴っていくマガジンです。新卒起業で3年目を迎えたStaylinkとともに、少しずつ成長していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。