アロマクエスト|(1)|異変−1

その日の朝、少年は目を覚ました。

昨日も夜更かしをしてしまったため、まだまだ眠い。

でも、そろそろ起きないと、学校に遅刻する時間だ。

いつもなら、「いつまで寝てるの!」という声がして、

母親がつくる朝食の匂いがしてくるはずだった。

どこかホッとする、そして、食欲をそそる香り。

しかし、今日はその香りがしない。

母親が寝坊したのではないことは、階下の明かりがついていることでわかる。

ベッドから起き上がると、少年はキッチンへと向かった。

 ◇ ◇ ◇

「おはよう」と言いながらキッチンへ入ると、

「ああ、おはよう」と気のない返事がする。

そして、首をかしげている母親の姿があった。

いつものように、朝食の支度がすすんでいた。

だが。

少年には、まったく匂いが感じられないのだ。

「僕、おかしくなったのかな?」ふと呟く。

「もしかして、あなたも匂いがわからないのね?」母親が言う。

目の前には、フライパンで調理されている料理があった。

まだ熱も感じるし、ジュージューと焼ける音もする。

しかし、匂いだけがしないのだ。

「どういうことなのかしら…」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

sai_taka

アロマクエスト

ふと、頭に浮かんできた物語です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。