アロマクエスト|(17)|使命-1

旅の準備は、予定よりも早く終わった。

出発の朝を迎え、カオルはやや緊張した面持ちで船に乗り込む。

見送りに来ていた村長たちが、声をかけた。

「気をつけるのじゃぞ。」

「元気でな。」

「辛くなったら、いつでも戻っておいで。」


「ありがとう。じゃあ、いってきます!」

カオルは、手を振りながら答えた。

船は、ゆっくりと島から離れていく。


カオルが乗った船を、見えなくなるまで見送った村長たちは、心配そうな表情で語り合う。

「とうとう、この日が来てしまったな。」村長は言う。

「思ったより、早かったのでは? まだ修行もできていないのに…。」そばにいた男は、かぶりを振った。

「村長、カオルは大丈夫でしょうか?」女は遠くを見つめて呟いた。

「心配は無用じゃ。あの子は強くなる。」村長は、うなずきながら答える。

「なにせ、あの男の息子だからのう。」

(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

sai_taka

アロマクエスト

ふと、頭に浮かんできた物語です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。