アロマクエスト|(9)|旅立−1

ある日から、「香り」がなくなった。

生態系バランスの崩壊。

人の心と身体の衰弱。

スウェイング・シャドウの増殖。

人々は、環境の変化に怯えながら、日々を過ごしていた。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

周りを海で囲まれた、小さな島がある。

大陸の人々からも、その存在を忘れられた島。

意外なことに、その島には人が住んでいた。


荒れ果てた平原を走る、ひとつの小さな人影。

小動物を追いかけているようだ。

最近見かけない、久しぶりの獲物である。

持って帰れば、みんなも喜ぶだろう。


あと少しで獲物をとらえようとした時、

「誰か…」

突然聞こえた声に、立ち止まる。

(呼んでいる…)


「誰か…助けて…」

(誰なんだ…)

この小さな島に、住む者は少ない。

心当たりのないその声は、どこか近くで助けを求めている。


「助けて…この世界を…」

どこからだ?

耳をすませて、あたりを見渡す。


「!?」

少年は、自分が目にしたものに驚いた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

sai_taka

アロマクエスト

ふと、頭に浮かんできた物語です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。