アロマクエスト|(2)|異変−2

少女は、あたりが暗いうちから起き出していた。

精油を抽出するために、花びらを集めるためだ。

花を摘むのに適した時間は、夜明け前からの数時間。

その時間帯を見計らい、急いで作業をする。

丁寧にひとつひとつ、手で花を摘むのだ。

一生懸命集めた花びらから採れる精油は、とてもわずか。

そのため、非常に高価なものとして市場に出回るのである。

しかし、自分たちの賃金は高いとは言えない。

それでも、家族のために働かなければならない。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

今日も、いつものように起きて、農園に向かった。

現地に着くと、先に着いた仲間が集まっている。

しかし、いつもと様子が違う。

だんだん、自分の中でも違和感が大きくなっていった。

最初は、自分の鼻の調子が悪いのだろう、くらいに思っていた。

しかし、集まった仲間たちもそうだと知ると、あまりの事態に愕然とする。

どういうわけか、まったく花の香りがしないのだ。

「どうして、こんなことに」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

sai_taka

アロマクエスト

ふと、頭に浮かんできた物語です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。