アロマクエスト|(3)|異変−3

ある化粧品メーカーの研究室。

部屋の中で、ひとりの男が頭を抱えていた。

彼の職業は、調香師。

何百種類にもおよぶ香料を組み合わせ、さまざまな香りを作り出すのが仕事だ。

部屋の中には、数多くの香料が並べられている作業台がある。

香料がまるで鍵盤のように並んでいるので、オルガン台という。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

不思議なもので、香りと音楽には共通する言葉がある。

どちらも目で見ることができず、時間とともに変化していくという共通点があるからだろうか。

たとえば「ノート(Note)」という言葉は、その香りがどのようなものなのかを表す言葉でもあり、音符のことをあらわす言葉でもある。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

朝、いつものように出勤し、依頼されていた香りの調合を始めようとした。

しかし、目の前にある香料すべての香りがしない。

「い、いったい、どうなっているんだ…」

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

後からわかったことだが、世界各地で同じ現象が起きていた。

この日、世界のあらゆる場所で「香り」が消えたのである。

それは、これから起こる出来事の、ほんの前触れに過ぎなかった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

sai_taka

アロマクエスト

ふと、頭に浮かんできた物語です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。