齋藤久平

シーンに合わせた飲み物でHyggeを伝えるドリンクスタイリスト。10年間のホテル時代に磨いたおもてなしスキルでお客様に心地よい時間を提供します。レシピ開発からメニュー監修、イベント企画までマルチに活動。ボタニカルドリンクに定評あり。 http://saitokyuhei.com/

インスタLIVEを習慣にしてみて思った所感

前回久々に更新したnoteで書いた3つの宣言

なんかわりと面白いところから幾つか反応があったりで、やっぱり自分をさらけ出す発信って大事だなとつくづく思いました。

そしてその中でもすぐ友人から連絡があって今日やれ命令がくだったのがインスタLIVEでした(笑)

バタバタしてる現在の状況を踏まえても、手っ取り早くやれるのがこれだったのもあり、半ば強引に背中を押されて踏み出してみました。

まぁ実際

もっとみる

3つの宣言

事情によりしばらく封印していたnoteが復活しました。

スーパームーンの影響なのか、とても気持ちが高ぶっているので、
いつもナンダカンダ逃げ道を作って実行してこなかった事をやります。

今年の挑戦、それは脱皮。
真面目の殻を破ること。

今までの自分を受け入れつつ、新しい自分に生まれ変わってやります。

というわけでここに3つの宣言を。
(ひとまず先1年くらいを目処に)

⑴最優先を仕事からプラ

もっとみる

透明ドリンクにおける所感

(出典:BIGLOBEニュース)

近年ブームになっている透明ドリンク。

ドリンクスタイリストとして飲料に携わっている立場から感じることを書いてみようと思います。

透明なカフェラテ、透明なコーラ、透明なミルクティー、そして透明なノンアルコールビール。

えっ!こんなものまで透明!?
というものまで非常にバリエーションが増えてきました。

これらはそれぞれのメーカーが独自の技術と製法で生み出して

もっとみる

ボジョレーヌーヴォー解禁前日に開催したヌーヴォー会の考察

こんばんは、ドリンクスタイリストです。

実は今年の初めからクローズドなワイン会を毎月開催しているのですが、
個人的に今回がなかなかオツだったので考察してみました。

というのも、
ボジョレーヌーヴォー解禁前日の11/15に開催ということで、
当然ながら今年のボジョレーヌーヴォーは飲めません。

万が一にも開けようものなら業界から袋叩きにあいます。

なのでヌーヴォー(新酒)テーマをしつつも、

もっとみる

ドラゴンフルーツの可能性

10月半ば、友人の誘いで奄美大島からほど近い喜界島へ行った時の事。

地元の人と触れ合うBBQの際に農家さんから差し入れをいただいた。

ドラゴンフルーツだ。

南国のフルーツとしてだいぶメジャーになってきているが、
このカラーリングは初めてだった。

スタンダードな白い果肉に黒い種のほか、黄色の皮のものもあるらしい。

しかしこの紫のドラゴンフルーツが素晴らしいのはこれ。

喜界島の黒糖焼酎に潰

もっとみる