人のコンテンツにタイトルつけたら、期待以上に「編集の訓練」になったって話

先日話題になった、サッカー本田圭佑選手のこのツイート。

元ネタは編集者の箕輪さんのようですが、これに便乗した祭りがTwitterで湧き起こりました。ご多分に漏れず、僕も便乗させてもらいました。

「教えるって言ってるのにシュート決めるのはお前かよ!」ってオチだったんですが、それでも何人の方からオファーをいただきまして。即、未公開の原稿まで送って方もいて、せっかくなので、いくつかチャレンジしてみることにしました。

Case1:narumiさん

まずはカリスマブロガーnarumi師によるこちらの記事。2本提案して、1本を改変する形で採用されました。

僕からは絶対出てこない記事。ニューバランスのスニーカーも買ったことないし。非常に新鮮な気持ちでタイトル付けさせてもらいました。

Case2:小沢あやさん

続いてフリーのコンテンツプランナー小沢あやさんによるこちらの記事。こちらも2本提案。1本をそのまま採用いただきました。

これも僕からは絶対出てこない。「限界母さんワンピース」ってネーミングセンスは素晴らしいと思います。

Case3:すどけん

元同僚でKaizen Platformの代表@sudokenからは、ちょっと変わったオファーも。

相変わらずおもしろいこと言ってくるなーと思い、こう返しました。

成果主義と合意主義って相反しがちことに個人的な悩みがありまして。

飛ぶ鳥を落とす勢いのスタートアップであるKaizenの代表として、その辺どう考えてるのか聞いてみたく、少しサイズを大きくして「資本主義と民主主義は両立するか」ってテーマで書いてもらいました。それがこちらの記事。

想定の100倍くらい重厚な記事になってた。

「ひとり語り」に他人が入るとどうなるのか?

基本的にブログって「ひとり語り」なので、タイトルも書き手の目線になりがちです。それが第三者の目線が入ることでどうなるのか。

やってみて、この人はどの部分を一番押し出したいのかターゲットはどういう人に設定すべきなのか記事の性質としてどんな風に流通しそうか、などを深く考えるトレーニングにめちゃめちゃなりました。

一方、つけられた側のnarumiさんからは、こんなコメントいただいてます。

・ブログのタイトルって結構雑につけちゃう(書くだけで満足してる)ので人に付けてもらうのは良い
・自分の癖があるから人のを見ると新鮮さが出る
・次はもっとタイトル付けづらいものを依頼したい

小沢あやさんからも。

・「頑張らなくてよくなる」は、私からは出てこなかった
・ターゲットを入れる、その上で結論を言わない、あんまりキャッチーなワードを入れなくてもいい、というのが勉強になった

毎回毎回やるのはしんどいですが、本当に訓練になりますし、つけられた側にも気づきがあるみたいなので、みなさんもやってみてはどうでしょう。(noteさん、そういう企画やってみるのはどうですか? 「#共創note」とかタグつけて。「#タイトルは別の人」くらいシンプルな方がいいかな)

あ、僕もnoteのサポートしてくれた人には、特典で金額に見合ったタイトル協力させてもらおうかな。もし、相談あれば受け付けます!大量に来られると困りますがw

さて、以降は僕が実際にどう考えてタイトル付けをしたのか。そのプロセスについて書いていきます。興味がある人だけ見てください。

この続きをみるには

この続き:1,829文字

人のコンテンツにタイトルつけたら、期待以上に「編集の訓練」になったって話

sakucchi

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート特典としてテスト的に、これまで3万件以上のタイトルをつけた僕が記事のタイトル協力します。気軽にご相談ください。

ありがとうございます!参考になれば嬉しいです♪
20

sakucchi

NAVERまとめ編集長。LINE MOOKの立ち上げ担当/九州芸工大→R25式モバイル→LINE/モバイル編集歴15年/雑誌『ケトル』連載中Twitter→https://twitter.com/sakucchi

編集生活

編集にまつわる日々の思いつきなどをぼちぼちと更新していきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。