AbemaTVが進めるネットとテレビの融合

インターネットとテレビの融合・・・。10年以上前にライブドアがフジテレビを買収しようとした時に良く聞いたキーワードだが、現在になっても融合が進んだとは言い難い。

これまでに動画サービスは数多くの企業が参入した。一番早く黒字化したのはDMMだろう。アダルトという分野に特化することで、他の企業とは大きく差別化し、インターネット黎明期から黒字化した。アダルトDVDメーカーを保有しており、原盤権を抑えていたのも強みの1つだろう。

また10年程前にUSENが無料動画サービス「Gyao」を開始し、話題を集めたものの多額の赤字を出し、Yahoo!へ実質的に売却。Yahoo!の集客力を背景に現在では黒字化しているものと思われる。

ニコニコ動画を運営するドワンゴはサーバに課金するというビジネスモデルで早くも黒字化し、ニコニコ超会議など、他に例を見ないビジネスモデルを構築しようとしている。

そしてここ数年の間はスマートフォンで動画を視聴するスタイルの確立を背景にNetFlix、Hulu、Amazon、Appleなど外資が参入し(Huluは現在日本テレビの小会社)、日本ではサイバーエージェントが完全無料の放送局であるAbemaTVを開始した。

数ある動画サービスの中でもTVをそのままスマートフォンに持ち込んだ形のAbemaTVは世界でも稀で非常に注目を集めている。



目次
・AbemaTVとは
・AbemaTVができた経緯
・AbemaTVのビジネスモデル
・AbemaTVの今後
・個人向け動画プラットフォーム「FRESH!」

ここから先は有料となります。ノート単品だと300円ですが、月額700円の有料マガジン「IT業界がよくわかるマガジン」を購入頂くことでも閲覧が可能です。

有料マガジンは週2本程度更新予定ですのでお得です。

※「IT業界がよくわかるマガジン」は定期購読開始月以降の更新月の作品のみ閲覧可能です。


この続きをみるには

この続き:4,038文字/画像10枚
記事を購入する

AbemaTVが進めるネットとテレビの融合

桜庭涼

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

桜庭涼

IT業界がよくわかるマガジン

IT業界における企業の分析やマーケティング情報についてブログに書けない内容をお伝えしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。