サイバーエージェントのインターンに行ったら学びが深かった話

今日はサイバーエージェント(以下CA)の1dayインターンに参加してきました。抽象的なお題が与えられて4時間のグループワークの後に発表。CAの社員さんがメンターについてくれたんですが、それでもあまり納得はできないアウトプットになってしまった…。相手の意見を汲み取りすぎる悪い癖が出たなと反省です。

でも今日はそれ以上に学びが深かった瞬間があったので、文章にしようと思います。テーマは「マネジメント」

もっとみる

「何がしたいか」よりも「どんな人間になりたいか」

おはようございます。

昨日、カレッジワークスの代表・相川さんに連れられて、カレッジワークス会員3人でサイバーエージェントの新卒採用人事の方とのランチ会に参加してきました!

たった1時間で数え切れないほどの学びを得ることができました。
全部書くとキリがないので、今回はその中でも自分自身一番印象に残り、共感できたことについて深く、自分の感想も踏まえながら書いていこうと思います。

まず初めに、今回

もっとみる

勝ち続けることの価値

与えられた仕事で圧倒的な結果を出す。

当たり前なんだけど、多くの人が実践出来ていない。

結果が全てじゃない。

勝てばいいというわけではない。

それもまた真実。

ただし、勝ったほうが絶対に面白い。

仕事でも、スポーツでも、ゲームでも、人生でもだ。

時には挫折や敗北もあるだろうが、それを乗り越えた先に勝利があると信じる。

そういう人間が最後には勝つのだか

もっとみる

mixi、サイバーエージェント、DeNAの明暗

こちらの資料は2019年8月4日に就活生向けに開催した企業分析イベントの『企業分析HACK!』で使用したスライドです。

質問があれば、コメント欄にお気軽に投げかけてください。

もっとみる

新卒で入社し5年間働いたサイバーエージェントを退職しました。理由と今後について。

2019年7月31日、学生バイトの時代を含め、丸5年働いたサイバーエージェントを退職しました。

お世話になった方々に十分にご挨拶できなかったこともあり、

いわゆる退職エントリーを通じて、お伝えできればと思います。

初見の方も多いと思うので、本題に入る前に軽く経歴を紹介させて下さい。

自己紹介

(写真左が筆者。仲の良い後輩と居酒屋にて。)

・1991年生まれの28歳
・兵庫県出身、

もっとみる

【記事感想】DeNAは、陸上チームを保有している。

別のスポーツで見ると、今回のメルカリもそうですが、やはり多いのがサッカー。チーム数も多いので様々な形での参入のチャンスが多分にあるものと思われます。その他、バスケットボールも増えてますね。ちなみにここには挙げてないですが、Bリーグの トップパートナーはソフトバンクです。

記事元:メルカリが鹿島アントラーズの経営権を獲得したので 過去のIT企業によるスポーツ領域参入をまとめてみた

サッカー多いで

もっとみる

人生は自分に配られた配牌のようなもの

人生は自分に配られた配牌のようなものです。

誰もが死ぬまで自分の手牌で勝負していかなければならないのです。

不条理な要素が満ちています「開き直ってやるしかない」

現実を受け止め、忍耐強く、我慢強く、最後までゲームを投げ出さなかった人

そんな藤田社長のコラムがとても印象的でした。。僕は麻雀はやらないけど

この言葉を深く改めて刻んでいこうと思う。。。

【発見】
・絵文字だけで会話を成立させ

もっとみる

サイバーエージェント藤田社長が語った「俯瞰の視点」とは

皆さんこんにちは!

たぬさんです。

このnoteでは脳科学に関する情報を提供しております。

今回は雑記回です。

【俯瞰の視点】

新R25でのサイバーエージェント藤田社長の記事で

麻雀とビジネスを絡めながら「俯瞰の視点」を持つコトの重要性の話がありました。(https://r25.jp/article/703830734776907530

お話の概要としては視点には3種類があり、それ

もっとみる

Twitter Japan内定をもらった職務経歴書を公開

ベンチャーからTwitter内定、他には戦略コンサル内定しました。

優秀な人材は商社やコンサルに流れていた時代から、ここ最近はベンチャー企業に流れる潮流ができました。と言っても、メディアがいうベンチャーとはDeNAやサイバーエージェント、グリー、スマニューなど所謂メガベンチャーと呼ばれる企業です。

そうではない本当の駆け出しベンチャーに身を投じる若者は大きな不安にかられながら日々を生きています

もっとみる

アクセンチュア・電通・博報堂・Googleどのくらいもらってる?デジタルマーケティング業界の平均年収を比較してみた

今回は、気になる年収編です。

得意とする領域ごとにプレイヤーがいて
最近では、境界線が溶けつつもあり
どの企業が、どこまで支援しているのか?
わかりづらくなりつつあります。

とはいえ、わかりやすくするために整理すると
ざっとですけど、こうなるかなあと思います。
(主観で、あまり深く考えずにまとめてます)

なんとなくでも、全体感を理解いただけたと思うので本題にはいっていきたいとおもいます。

もっとみる