昨年、上場ゴールと揶揄されたGunosyの現状。ニュースアプリ大手の成長トレンドを読み解く

今回は10月14日に発表されたニュースアプリ大手の1つGunosyの第1四半期決算からその状況を見てみたいと思います。

Gunosyといえば昨年4月28日に東証マザーズに上場。しかし上場直後に売上・利益の下方修正を発表したため、その後大幅に株価が下落しました。

直前に上場したgumiが”上場ゴール”と批判にさらされているタイミングで同じ野村證券が主幹事だったGunosyまでも上場直後に下方修正せざるを得なかったことから当時、新興市場にマイナスの影響を与えたとして様々な批判が起きました。

しかし今年2月に株価が底値をつけてから、急激に回復してきています。ではその状況を見てみましょう。

この続きをみるには

この続き:2,285文字/画像8枚
記事を購入する

昨年、上場ゴールと揶揄されたGunosyの現状。ニュースアプリ大手の成長トレンドを読み解く

桜庭涼

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

桜庭涼