平気。

もう僕じゃなくていいんだ。
後戻りは出来ないんだ。
それでも後悔はないけど、
まるで空から落ちるような感覚で、
一言だけでいいから言わせてほしい。

「産んでくれてくれてありがとう。」

僕は最初から死にたくて仕方なかったけど、
時間が経つほど強くなっていくのを感じた。
平気。なんて 何度も言ってみるけど、
平気。じゃないこと 中身が腐ってるのも知ってる。

勇気を吐いて生きて来たよ。
泥濘(ぬかるみ)に浸かりながらも、
汚れた服も引きずりながら、
これから訪れる日を迎え入れよう。
ただひとつ深呼吸だけは忘れずに、

「最期の挨拶、忘れないで。」

僕の身体が変化する毎に僕は笑った。
僕の身体が変化する毎に家族は泣いた。
平気。だって 手の平を返されたから、
平気。と帰れる家は失くなったのを悟った。

ありがとう。 ありがとう。 呟きながら、
意識が薄れていき、目は開けられるかな?
どうか、どうか、生きて帰って、
本気で笑って、本気で恋したい。

僕は目覚めたくなくて仕方がなかったけど、
僕は目覚めて、はやく明日を知りたいと思った。
平気。なんて とうに失くした気持ちでも、
平気の初心が 変わる僕にも残ってるはずで、
だから、二度と会えなくなっても、
「産んでくれてくれてありがとう。」

#作詞家 #歌詞 #オリジナル #詩 #音楽 #曲付けOK #トランスセクシャル #トランスジェンダー #性同一性障害 #性自認 #MtF #性別適合手術 #決意 #挨拶 #変化 #平気 #初心 #生きる #時間 #最初 #勇気 #深呼吸

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

40

sakureo

Unknown8

コメント4件

もう戻れない、寂しくて嬉しい。産声は、肺に初めて空気が入る、痛みの声で、産まれて生きて初めての、声。命を、叫んで。
こんにちは世界さん。性別適合手術をして、ちゃんと生きていきます。の思いで書きました。
はい。空から落ちるような感覚というのが…寂しくて嬉しかったので。
手術に比べたらずっと、決断は軽くて済むようなことでしたが、私も、もう戻れない選択をした日がありました。後悔はないんだけど、だけど…それでとても、ずーんときましたのでコメントさせていただきました。
あなたがあなたらしくいられることが、その気持ちを綴られることが、世界の片隅で息苦しく生きる私の誇りになります。ありがとうございます。
こんにちは世界さん。誇りなんてとんでもないです。私は私の世界しか知りませんが、誰かの想いと重なれば、それはこの歌詞が生まれてきた理由になります。ですから、逆にこちらがありがとうございます。です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。