見出し画像

進撃の「なにくそラン」


ずっと「ランニング」が苦手だった。

というか、嫌いに近い。
特に長距離。
親しい友人や奥さん(いまやランを趣味としている)に何度誘われても断ってきた。

わりと体育会系人生なので、スポーツの楽しさはよく知ってる。
でも、長距離ランとか意味わからん。何が楽しいの、って今でも思う。

そう公言してきたので、ボクの周りの人たちはボクの「ラン嫌い」をよく知っている。

そのボクが、毎日走っている。

まだ始めて1ヶ月だが、毎日3キロ走っている。
30日で通算90キロ。
なんとか続いた。そしてこれからも続くだろう。

なぜこんなに嫌いなのに続いているのか。
これからも続くと思うのか。

それは、趣味のためでも、健康のためでもないからだ。

怒りのためだ。
憤怒と言ってもいい。

もし早朝にボクが走っている姿を目撃したら、さりげなく近寄って耳をそばだててみてほしい。

「なにくそ、なにくそ」って言いながら走ってる。

そうやって、毎朝「自分の中の憤怒」を再確認する。
「負けてたまるか」と奮い立たせる。
そして前を向く。前に向かって進撃する。

ボクにとって、ランとはそういう「儀式」だ。

そして、その儀式を朝やらないと、その日いち日、ココロが持たないのである。



読んでくださっている方の中に、「なによりも食べることが好き」という方がいらっしゃると思う。

でも、確実に「ボクには負ける」と思う。
そのくらい、人生において、食は楽しみの源泉だったし、マニアックに凝っていた。

好きが高じて、食を中心とするサイトを24年やってきたし、レストランや食のガイド本も複数だしてきた。食エッセイも多く書いてきた。

特に30代40代のころの熱意は異様だったと思う。
周りの食べ好きからも呆れられるレベルだった。
そのくらい食に傾倒し、食の楽しさに頼って生きていた。

それが、去年の3月のある夜を境に奪われた(57歳9ヶ月)。

イタリアンレストランで食べた鯖が原因で、突然アニサキス・アレルギーになり、アナフィラキシーで救命病棟に緊急入院。つまり死にかけた。

それ以来、寄生虫アニサキスがいる可能性がある魚介類全般が食べられなくなった。次に当たったら20分で死ぬ可能性がある、と脅された。

このことは人生の楽しみの大半を奪った。

「肉や野菜があるからいいじゃん」と慰めてくれる人もいる。
それは、足を失った人に「まだ手があるからいいじゃん」と言うようなもの。比較できるものでもないのである。

当然のように鬱の崖を落ちていく。
人生の楽しみの大半が奪われたのだ。仕方ない。
いろんな手は打ったが、崖から這い上がれない日々が続いた。

ただ、そんな中でも救いはあって、数ヶ月前、「そのアレルギー、いっしょに治してみませんか」と言ってくれる専門医に出会い、その指導のもと「ダシやエキスも含めて魚介類完全除去」にチャレンジしてみることにした。

始めてみてびっくりした。
ダシやエキスもNGとすると、日本の場合、「外食がほとんど無理になる」ということに近い。特に和食は無理である(その辺のことはそのうちくわしく書きます)。

つらい。
つらすぎる。
というか、ランチやディナーが制限されすぎて、人生がちっとも面白くない。

でも仕方ない。
アレルギーに負け続けるのではなくて、勝つためのチャレンジである。
前を向いて闘おう!

ということで、「1000日チャレンジ」と名付けてゲームっぽくし、とりあえず1000日完全除去をやってみる、ということを始めている(くわしくはこちら)。


実は、毎日のランニングもその一環なのである。


なにくそ、なにくそ、なにくそ、なにくそ。

今日も明日も、なにくそ走る。

ランニングはやっぱり嫌いだ。
ただ、嫌いだからこそ、「なにくそ!」ってなる。
嫌いなことを無理矢理続けようとするからこそ、なにくそ感が強くなる。

それが、いまのところ、効いている。

友人に「願掛けやお百度参りみたいなものですね」と言われたが、それともちょっと違う。どっちかというと、修行、苦行に近い。自分をいささか痛めつけることで、心をなんとか整えて、一日を始めることができる。


20分以上走ると飽きるので、20分以上は走らない。
ぴったり3キロのコースを見つけたので、毎朝そのルートを走ってる。
雨の日だけ休んでいいことにして、二日酔いの日も調子悪い日もとにかく走ることにしている。

いま一番怖いのはケガである。
ケガして走れなくなったら、すぐ鬱に落ちてしまいそうな気がする。
そのくらい、最近のボクは、朝のこの「儀式」に頼っている。

・・・こんなにランが嫌いなのに、いまやランに頼って生きている。

面白いね、人生って。

そのうちランが好きになることもあるのかな。
(このチャレンジが終わる頃には、ランに感謝し、ランを愛するようになるかもしれないな)

ということで、明日も走る。
なにくそ、なにくそ、なにくそと呟きながら、3キロ走る。



とても助かっているのは、1000日チャレンジで「いっしょに毎日ランをしている仲間たち」の存在。
走ったら、フェイスブックの「1000日チャレンジ」のラン・グループに投稿する(4thコミュニティ限定です。すいません)。
それがとても励みになっている。
みんな、ありがとう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

古めの喫茶店(ただし禁煙)で文章を書くのが好きです。いただいたサポートは美味しいコーヒー代に使わせていただき、ゆっくりと文章を練りたいと思います。ありがとうございます。

ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
146

さとなお(佐藤尚之)

コミュニケーション・ディレクターです。 さとなお名義で食やエッセイの本、佐藤尚之名義で広告関係の本を書いています。最新刊は『ファンベース』(ちくま新書)。 1995年から個人サイト「さとなお.com」を運営しています。

1000日チャレンジ

★1000日魚介類完全除去チャレンジ アニサキスアレルギーと闘うために、このチャレンジを始めたのだけど、どうせストイックに1000日過ごすなら、と以下のチャレンジもしています。 ★1000日2000キロチャレンジ ★1000日ぬか床チャレンジ ★1000日1000ファン...
4つ のマガジンに含まれています

コメント3件

走る理由は人それぞれですよね。

僕は完走後の一服は最高に美味いという理由でレースのひと月前から禁煙するスモーカーを知ってます(笑)

1000日チャレンジ踏破お祈りしてます。
私はライ麦がだめで、小麦系もだめだったりします。下手をすると死にますが、生きて行く、て、力強くていいですね。前向きに絶望しても悲観せず、前に走るその姿勢は、かっこいいと思いました。私も走ろうと思います。
「千日回峰行」みたいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。