J1第7節 vs松本山雅

今シーズンはじめての引き分け…

スターティングメンバーはこちら。

リザーブ:GK松原、DF小野田、MF秋野、MF古林、FW梅崎、FW指宿、FW大橋

山﨑凌吾が2試合ぶりの先発復帰、先週水曜のルヴァン杯札幌戦に先発フル出場した齊藤未月、大野和成も先発出場。
松原修平が移籍後リーグ戦初のベンチ入りを果たした。

・湘南にボールを“持たせた”松本。
仕留め損なったツケが後半に回る。

この試合、湘南のシステムは1-3-4-3、対する松本のシステムも1-3-4-3、俗に言う“ミラーゲーム”の様相を見せた。
全体の選手の質としては湘南が松本を上回っていることもあり、こういったミラーゲームと呼ばれる試合では、1対1の選手の質の差が試合の鍵を握ることもある。
しかし、松本は“あえて”ボール非保持の状態を保ち、1-5-4-1とも見える陣形を組んで湘南の攻撃に人海戦術という形で対応していた。
攻撃は中央からというよりも左右両サイドを使ったパターンが多く、シャドーの位置に入っていた松本のスピードスター前田大然が左右に流れながらチャンスメイクを施し、昨年までベルマーレに在籍していた左アウトサイドの高橋諒が守備に不安を残す対面の鈴木冬一を揺さぶり続けて、試合を通して得意のドリブルとクロスを連発していた。


湘南は(長年の取り組みを継続してはいるが)お世辞にもボールを自らの意思を持って動かす攻撃はあまり得意とは言えないチームなので、ファイナルサード(アタッキングサードとも言われる、ピッチを横に3分割した際の相手陣内のピッチ半分からゴールラインまでのエリアのこと)に入り込んではいても、意思疎通の合わなさが目立ってフィニッシュで持ち込む場面が少なく、連動出来ていた攻撃は片手で数えるくらいだった。

・先制した後の“湘南乃迷走”。
知将の眼鏡がキラーンと光り、勝ち点奪取の方法を見つけ出した。

後半6分、スローインの流れから相手の中盤の空いたスペースを巧みに使った松田天馬を始点とした攻撃から、山﨑の反転ボレーシュート→ポスト→未月のダイレクトシュート→ポスト→武富のごっつあんヘッド、という、出の勢いが良すぎるパチンコ台のような流れで湘南が先制点を奪う。

試合の流れ的には悪くはない展開だったが、時間の経過と共にリズムが一辺倒になって、巡ってきたカウンターのチャンスも活かせず、暗雲が漂う。
その流れかはわからないが、菊地俊介・大野和成といった経験豊富な年長者がアクシデント?が発生した影響でピッチを後にしてしまう。
大橋祐紀、小野田将人はアグレッシブにプレーしようとはしていたが、あまりインパクトは残せなかった。
「この先どうする?点取り行くの?リードを保つの?」
というチームの迷いが何となく透けて見えていた。

一方の松本山雅は快足を飛ばしまくっていた前田大然を下げて杉本太郎を、さらにその後には割と規則正しくプレー出来る中美慶哉を下げて永井龍を投入し、シャドーの陣容を変更。
鋭利な裏抜けで湘南の最終ラインの脅威となっていた前田とは異なり、小さな体格を活かしたクイックネスなドリブルを得意とする杉本、最前線でもプレーできる感覚派ストライカーの永井を入れたことで、前半とはまた違う攻撃の組み方を出し入れしてきた松本、もとい反町康治監督。

その効果からか、湘南のバイタルエリア(最終ラインと中盤のスペース)での両チームの選手デュエルの攻防の末、松本の最前線フォワード、レアンドロ・ペレイラが豪快なミドルシュートを決めて、試合が終わる直前にゲームを振り出しに戻してみせた。
結局試合は1-1のまま終わることになる。

・3試合勝利なし、という結果は、真の“結果が出せる”チームへの過程。
今こそ、“意見の擦り合わせ”を求む!

今季の公式戦で初めての引き分け。
リーグ戦で言うなら、磐田・松本は自分たちより順位が下のチーム。
勝っておきたかったのは当然の話だ。

しかし、「今のベルマーレなら下り調子の磐田、J2の時から相性の良い松本にも勝てるだろう」
「勝ち点6、取れるな!!!」……
言葉には魂が宿る。言霊があるのならば、自分たちの油断と慢心が招いた先の答えが、この2試合の結果なのかもしれない。

菊地俊介と大野和成の途中交代があったにせよ、チームとしてどう試合を乗り切るのか、終わらせるのか。意見の不一致というか、意思が各自でバラバラな印象も試合を見ていて正直あった。

最近、色々なメディアで昨年のイヤーDVDのことが多く取り上げられるからあえてタイムリーだな、と思っていうけど、このチームで勝ちたいなら意見をぶつけ合おう、擦り合わせよう。
ナアナアな気持ちで勝てる甘ったれた世界じゃない、厳しい環境とレベルの高い場所に身を投じてるフットボーラーの集まり
なのだから、尚更だ。

湘南スタイルの積み重ねは地味ながらも着実に身を結んでいる。
今節の引き分けで、J1リーグの7試合を終えて勝ち点10に到達。この早さで二桁勝ち点に到達したのは湘南ベルマーレ史上初のことらしい。
チームは一歩一歩、前へと立ち位置を進めている。

勝敗は水物。信念が本物。
時間はかかっても、最後まで自分を貫き通せたら、良い結果が“落ちて”くる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!フォロー&シェアもバンバンお願いします!
8

しゅん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。