転んでもタダじゃ起きない物書きの話

「転んでもタダじゃ起きないタイプだよね」
これは、友人が私に向かって口にした言葉だ。
自分がつらかった時のことをネタにして創作をするのが、楽しくてたまらないと話した時のことだったと思う。
それから、作家である三秋縋氏のツイートに、こんな言葉がある。
“日頃から上手に落ち込み、上手に病み、上手に絶望しておきましょう。”
ツイートの終わりに書かれたこの言葉に、私は強く共感した。
思えば中高生の頃、ぼん

もっとみる
書く励みになります!シェアしていただくともっとはりきります!

さて、専門学校の体験入学ですよー!
今日は実際の授業を受けられるとのことで、ノートを準備してきましたよ!

乱心と輪舞を

日付も変わった午前零時四二分。ポケットに入れたスマホが小刻みに震えたのに京太郎は気づいた。彼はそれをさして気にするでもなく、火を点けたばかりの煙草をひと口吸った。

 暖かな煙が喉を通って、肺を満たす。パソコンの画面と資料の往復で疲れ切った脳が、急激に濃度を増す血中のニコチンによって覚醒していく。

 白い煙が紺碧に溶けていく様を眺めて、ふっと頬が緩んだ。スマホがまた、ポケットの中で震えた。確認し

もっとみる
あなたのほんのひと時に、私の物語が寄り添えますように。
2

ネットで私書箱作れるっぽいので、10月になったら契約しよう。
なんでかって?
親が親展の手紙を開けるからだよ。軽くプライバシー侵害だよね。あと、専門学校の入学届けとかばれたら即死だからね。

これからある場所へ旅に出かけます。今、「ある意味で」熱いことになっている国です。帰国後また報告します。お楽しみに。

「事の顛末に関しての供述」(『人間嫌い』2017年より)

先に書籍の紹介をします。そのあと、本編です!

収録電子書籍情報:
『人間嫌い』
価格:¥280(税込)
著者:松倉弘城(Hiroki Matsukura)、竹内誠也(Seiya Takeuchi)
発行:竹松社(Chikushousha)http://chikushousha.wpblog.jp
販売:Amazon Kindle→https://www.amazon.co.jp/dp/B0737

もっとみる

拙著短編集『人間嫌い』から一つ短編の紹介をします。有料にしますが途中までは読めるようにするので読んでみてください。気になられた方は是非ご購入ください。

またやらかした!!! ハイリンク!!!
主人公が5番目の聖剣授与者になる予定でネーム切ってた。そしたら、サブタイトルが日本語で「第五刀剣」ってなった!!
こういうの、私よくやらすのよね!
海洋国家の名前つけたら実在してた国の名前だったことあったし!

通りすがりのおじさんのひとり言(8月31日の夜に)

#8月31日の夜に

8月31日。

9月からは世間的には2学期なのでしょう。

いじめ、ひきこもりで辛い今を生きている人も多いと思います。

「とにかく生き延びてください!」
「今は学校関係と家庭の人しか世の中には居ないんじゃないか?と視野が狭くなっているだけです」
などの励ましの温かい言葉が最近、目に付きます。

そこで、通りすがりのおじさんからもちょっとだけ話しをさせてください。

僕も小学

もっとみる

10歳の春、そして12歳の春の日に

小学校入学と同時に、私は関西から中国地方に引っ越した。

引っ越し先は田舎で、ほかの子供たちはほとんどが入学前からの知り合いだった。まったくの部外者だった私は、すぐにいじめに遭うようになった。

アトピーで肌は荒れ、運動はまったく出来ない。発音が苦手な音があってうまく喋れず、本ばかり読んでいて成績だけはいい。スッ頓狂なことばかり言う変わった子供。私は完全に異物だった。理解の出来ないものに対して、ま

もっとみる
ありがとうございます。ゆっくりしていってくださいませ。
5