no11 : Small Circle of Friends presents 『detective TAKEI FUMIRA / music & his story』 オレだよ。


(スモサの二人が、プリンだかなんだか、でじゃんじゃん回ってる隙にこっそりだよ。なんだよプリンって。うまそう...)

はい、こんにちは。
タケイフミラ.です。
……。
…いや、タケイフミラ.本人。
マジで。

このnote。タケイフミラ.のnoteって言うわりにはあちこち寄り道していて
なかなかオレまで辿り着かないからヒヤヒヤだけどね。

まあもちろんスモサさんのディスコグラフィーは大事だよ。それがなかったらオレは居ないからね。……。

だけど、やっぱり「オレ」が登場しないとね。
タ・ケ・イ・フ・ミ・ラ.が出てこないことにはさぁっ。

…てことで、今日はオレが話すよ。二人がいないすきに。

んん、そうだなぁ、とりあえず前回のファーストアルバムの制作時の思い出話を...。

あれは、そう、成り行きで探偵稼業、始めたはいいけど、まあ暇で暇で、毎日フラフラしていた時だったよ。近所の公園でさ、フリーマーケットやってたんだよ。そんで冷やかし気分で見に行ったら、古いサンプラーとボロっちいマイクがあってさ。なんかそのとき興奮しちゃって、めちゃくちゃ安かったし、買っちゃったんだよね。

まあ、昔はビート作ってラップしたりしたから、懐かしかったんだろうな、きっと…。

そこらへんの詳しい話は1stアルバムの10曲目「フリーマーケット」を聴いてくれよ。あははは、タイトルそのまんまだよ。



で、まあ、ビート作って歌詞書いてレコーディングしたんだよ。暇だったからね。もちろんスタジオなんか使わないよ。全部オレんちだよ。

結構簡単だったよ。歌詞のテーマは自分の事。自分の身の回りのことを書けばよかったからさ。

そして、いろんな人が参加してくれたよ。……。いや「人」だけじゃないか…。…まあ、いいや、めんどくさいからこの続きはまた次回だな。

じゃ、とにかく、よろしくたのむよ。

タケイフミラ.


(あれー。下書き残ってたよ。やられてる。まあいいか。彼のnoteだしそのまま更新。プリンは美味しいよー。タケイくんにはあげないから。)

ではまた。

detective TAKEI FUMIRA

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ナイス〜!
1

detective TAKEI FUMIRA タケイフミラ

Small Circle of Friends presents : detective TAKEI FUMIRA / 5 (Five) 2019/7/3発売!帰ってきたぞ!タケイフミラ.の連載は続く。https://www.scof75.com/detective-tak...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。