Seikyo Jo

デザイナー。日本と台湾のハーフ。国立台湾科技大学商業デザイン学科を卒業後、東京のデザイン会社に就職。 台湾やアジアのデザインについて語ります。 http://seikyo-jo.com/

台湾の公式医療系アプリ「MY HEALTH BANK」を使ってみた

今回は最近使ってみたアプリについてご紹介したいと思います。 台湾のユニバーサルヘルスケア制度 台湾では「全民健康保険(National Health Insurance)」と呼ばれてお...

ゴミ袋のリデザイン?!

今回は、台湾の北部に位置する都市・新北市(しんほくし)のゴミ袋(指定収集袋)がリデザインされた事例について、ご紹介したいと思います。 台湾のごみ出しルール 台湾...

新しい試みを続ける、台湾の建国記念日のキービジュアル

今回、台湾(中華民国)の建国記念日にあたる毎年の10月10日に、一連のイベントで使われるキービジュアルのデザインが最近話題になっていることについて、ご紹介したいと思...

ストローをさしづらい、お茶のパッケージデザイン

近年、世界的にプラスチックゴミを減らす動きが広まっていますが、台湾でもお店がレジ袋の提供を制限したり、プラスチック製のストローを問題視する声が大きくなってきてい...

「世界で最も美しい教科書展」に選ばれた、日本の教科書

今回は、2018年に台北市内で開催された「世界で最も美しい教科書展」と名付けられた展覧についてご紹介していきたいと思います。 「美」を、教育現場に取り入れる動き 近...

戦前の台湾の新聞広告に使われていたフォントが蘇る?!

本日ご紹介するのは、明治から昭和時代にかけて、当時日本に統治されていた台湾の新聞紙で使われていた書体を研究、リ・デザインさせたグラフィックデザイナーの陳冠穎(GU...