見出し画像

空想対話6〜気配りの内装仕様・細やかな施工・徹底したデザイン監理

旧公衆衛生院をとおして建築家・内田祥三との空想対話6〜気配りの内装仕様・細やかな施工・徹底したデザイン監理

「内田先生は防災、構造設計が専門と認識していたのですが、旧公衆衛生院を拝見していると、気配りの内装仕様、細やかな施工に驚きました。失礼しました。
そして、徹底したデザイン監理。やはり現場には厳しかったのでしょうね?」

「さて、どうでしたでしょうか。」

■気配りの内装仕様
全ての居室空間の使用目的に合わせた内装仕様、デザインがされている。
旧院長室の天井、壁に用いられたベニヤは当時の最先端

旧会議室、旧図書室の腰壁、木枠

旧食堂に使われた泰山タイル

ドアノブ、鍵は統一された日本金属製

空間に合わせたタイルの選定

トイレ大理石

ガラリ

上部は三角 ギリシャクロス(天)
壁面上部は 植物らしきデザイン(地上空間)
下部は四角 (地面)

■細やかな施工
前述の手が届く範囲は丸みを帯びた仕上げと合わせて、壁、柱から飛び出たモール、窓台のタイル、見切り等は全て斜め仕上げ


■徹底したデザイン監理
巾木のタイル、ジン研ぎは天を射すように全て斜めに。

コンクリート柱の足元までも化粧をし、斜めのラインにこだわる。

丸枠と斜め仕上げが組み合わさった窓枠

旧院長室、次長室のおそらく意味づけられた暖房器具前のガラリ


天を射す面取りは、上部に行くほど幅が広くなる

旧教室、旧研究室は全てリブ ヴォールに天井をつけたような丸みを帯びた四隅


「先生、見れば見るほどメッセージが隠されていますねー?」

「はて。。」

「最もメッセージを感じるのは旧講堂だと思うのですが?」

「。。。」

次は旧講堂へ。

続く

(文責 関原宏昭)
#港区 #東京 #旧公衆衛生院 #空想対話

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

旧公衆衛生院研究

内田ゴシック建築の私的な解釈
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。