1件目の新築マンションのこと(2)

2012年に、配偶者と折半(2分の1ずつの共有名義)で新築マンション購入後、いったんマイナスに転じた預金残高がプラスに転じ、余裕が出てきて、ようやく「投資」に興味を持ち始めました。2017年春のことです。

(1)から読む

手数料の低いインターネット証券、銀行を含めた少額からの積み立て投資、AIアドバイザーなど、資産運用を始めやすい環境が整い始めたのは、ここ1、2年のこと。20代の頃にそれらがあれば、もっと早くに始めていたでしょう。それでも40〜70代ならまだ遅くはない、新たに投資にトライするベストなタイミングといえるでしょう。

最初のハードル、貯金100万の壁は遠く、その後の1000万はさらに遠いです。しかし、1件目のマンション購入前、最初にこの大台を突破した後、本当にこれほどの大金を所有しているのか疑問に思い、銀行の預金通帳の数字が信じられなくなりました。

貯金1000万円×2宣言でMRでVIP待遇

この続きをみるには

この続き:834文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
【おすすめ】 ・資産形成に興味がある ・文章好き・思考実験好き ・家を建てたい・買いたい人 ・スマートホーム参入検討者 まずは単体として刊行、6月(予定)に定期購読に移行します

数年前からブームとなっているIoT。特に住宅・建材業界は、IoTに積極的に取り組み、家電メーカーとの境界が揺らぎつつあります。このまま...

または、記事単体で購入する

1件目の新築マンションのこと(2)

sf_mi

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

sf_mi

戦略的物件購入論とスマートホームの可能性(仮)

数年前からブームとなっているIoT。特に住宅・建材業界は、IoTに積極的に取り組み、家電メーカーとの境界が揺らぎつつあります。このまま、スマートフォン・家電ライターを継続するか、住宅にも分野を広げ、「スマートライフライター」を目指すか見極めるため、有料マガジンを発行したいと...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。