女を辞めたい人もいれば、ずっと女でいたい人もいる。

最初に断っておくが、今回のテーマはLGBT的なものではない。

熟女だのオバサンだの、中年女にはイメージ先行で勝手な呼び名がつけられる。しかしその中に「もうそろそろ『女』から解放されたい」と思っている中年女が少なくない割合で潜んでいることを、殿方は知ってるだろうか。

この「女」とは、わかりやすく言えば「男から『恋愛(性的)対象』にされる」部分を指す。要は、もう惚れた腫れたの面倒に巻き込まれたくないとか、ヤリ目にされるのはもう勘弁、といったニュアンスだ。

中年になった女の色恋に対する意識は、完全に二分する。
「まだまだ現役でありたい」層と「もう卒業した」つもりの層だ。

前者は外見からしてわかりやすく「女」である。男の目を意識する限り、いくつになっても色気や美意識を失うことはない。
しかし後者は、一見して判別が難しい人もいる。

この続きをみるには

この続き:1,855文字
記事を購入する

女を辞めたい人もいれば、ずっと女でいたい人もいる。

Kana Shimada

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
3

Kana Shimada

熟女はつらいよ!?

レベル50(2019年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女...