言葉だけでは、ただの文字でしかない。

こんにちは守屋です。

心に響く言葉。自分自身の心に響いた言葉はなんだろう。思い返してみると必ずそこには言葉に熱量が乗っていると感じました。その言葉は重く、ただの文字ではないことに気付きます。

「きっと大丈夫。」

そんな何気ない言葉も昨日知り合ったばかりの人に言われるのと、30年以上一緒に寄り添ってきたパートナーから言われる。言葉に違いは無かったとしても、熱量と重みは違うのです。

伝える人間の言葉に、熱量と重みを乗せるためには


すでに実績を持っている人間の言葉には重みがあります。過去に経験してきた上積みがあるからこそ、胸に刺さる言葉となります。では実績がない人間の言葉に重みがない場合、どうすれば良いでしょうか。

・初めて指導者になった。
・初めて教える立場になった。
・初めて事業をすることになった。

など実績が無いところからスタートした場合、そこに重みは存在しません。新しく作るしかありません。そんなとき言葉がただの文字にならないためにすべきことは、

「言葉に熱量を持たせること」

ぬるくては届きません。熱すぎても敬遠されてしまいます。ゆっくり、じっくり伝え続ける。表面ではなく相手の心に届くように少しずつです。

人の心を動かせるのは、良くも悪くも人でしかないと最後は思っています。

ぜひ伝えなければいけない人に、届けなければいけない言葉があるのであれば、そこに熱量と重みが乗っているか確認することをお勧めします。

◆◆◆◆ ◆◆◆◆ ◆◆◆◆ ◆◆◆◆

良かったらポチっと登録、フォローお願いします(^^♪
仕事の依頼もこちらから可能です。

LINE@
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40eto9655g
twitter
⇒ https://twitter.com/shingo_moriya

◆◆◆◆ ◆◆◆◆ ◆◆◆◆ ◆◆◆◆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金は、書籍代等の知識を深めるために使い、還元していければと思います。 また、サポートではなくフォローという形で応援して頂ける場合でも大変うれしく思います(^^)

遊びに行きますね(^^♪
14

shingo_moriya

サッカーの様々な仕組みを徹底分析【part3】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。