新建築社

株式会社 新建築社は、1925(大正14)年の創業・『新建築』創刊以来、月刊誌を中心とした建築関連の雑誌・専門書を発行しています。建築を様々な角度から取り上げ、新しい建築を求め誌面をつくっています。 https://shinkenchiku.online/

検証・平成建築史【日経BP社】

内藤廣+日経アーキテクチュア 著
B5判/320頁/3,200円+税

内藤廣が語る未来への提言。

バブル崩壊後の30年間で、建築に何が起こったのか。内藤廣氏をナビゲーターとして「平成」の災害・事件・建築デザインを検証します。

建築家の内藤廣氏を迎え,平成31年間の総括を試みる本書.
2度の大震災や,新国立競技場問題などを通じて(よくも悪くも)社会から注目を浴び,建築が社会との付き合い方を見直

もっとみる

歴史の建設 アメリカ近代建築論壇とラスキン受容【東京大学出版会】

江本弘 著
A5判/400頁/6,000円+税

19世紀から20世紀前半のアメリカ建築界がみせた「ジョン・ラスキン」という問題への異常な執着とは何か.アメリカ建築の出自と伝統を問う熾烈な派闘争のなか,ラスキンの思想がどのように参照され,批判され,忘却され,評価されたのかを綿密に追跡することを通して,近代建築史成立の根幹を描き出した画期的論考.

『建築の七燈』や『ヴェネツィアの石』などを著した建

もっとみる

未来のコミューン──家,家族,共存のかたち【インスクリプト 】

四六判/320頁/3,200円+税

独自の回路から放つ新たな社会思想!
新たな共同性へ。家=人間と社会を調停する器、はいかに可能か。歴史を貫く共存の条件を探り、時空間を踏破して摑まれた経験知からその先のヴィジョンへと至る渾身の思考。

民俗学者・柳田国男が描いた家の事件をプロローグに、初源的な家の構成があらゆる住居に現れるプロセスを解明し、さらに近代的設備に内在する家の新たな神話体系を描いた原論

もっとみる

アナザーユートピア─「オープンスペース」から都市を考える【NTT出版】

「都市の余白」から、夢を描く! 
槇文彦の問いに、分野を超えた17名の論者が応答する  

建築家・槇文彦は近年の論考「アナザーユートピア」で、これまでのように建築から都市をつくるのではなく、「オープンスペース」――広場、路地、道、空き地、原っぱ、等――を中心につくることが、都市の未来、賑わい、人々の交流をつくるのではないかと主張し、都市・建築分野を超えて、多分野の人に取り組んでほしい課題として問

もっとみる

青山ハウスがリニューアルOPEN!|第一回イベントは「JMA新卒採用イベント 座談会/就職に、建築デザイン事務所という選択肢」

新建築社の「青山ハウス」では、2016年のオープンより,建築や都市に関わる人びとのための情報収集・情報発信の拠点として,レクチャーや展示などを行うコミュニティスペースを運営してきました.

このたび「青山ハウス」の次なる展開として,2〜3階部分を新たにリノベーションしました.
リノベーションは1階に引き続き,建築家の乾久美子さんに担当していただきます.この度,リニューアルが完了し,今春よりオープン

もっとみる

「index architecture/建築知」イベントレポート:建築のための新たな『知』の構築に向けて

はじめに

1月24日(木)、SHIBUYA CAST. SPACEにて、人工知能(AI)技術を用いて、建築に関する情報の高度利活用を促進するための研究プラットフォーム「index architecture/建築知」の設立発表シンポジウムが開催されました。
2018年1月に新建築社が設立した本組織は、以下のような組閣となっています。

■新建築社:雑誌『新建築』の掲載誌面データ提供と、アドミニスト

もっとみる