パリを振り返る〜圧倒的美人ベルト・モリゾ〜

有給消化中にパリへ行っていました。一人で!!(ちなみにフランス語は1ミリも話せませんし、読めません笑)

旅の一番の目的は美術館。好きな絵を生でみること。結果からいうと、目的達成。本当に心に残る旅でした。

パリは有名な美術館が沢山あるけれど、中でも断トツで良かったのは、印象派が多く所蔵されているオルセー美術館。もうねー、本当に胸がいっぱいになるような空間でした。

ちょうどBerthe Morisotの特別展も開催されていて!!モリゾの絵がたっっっくさん展示されていて、更に好きになりました。

まずベルトモリゾはこの人

『すみれの花束をつけたベルト・モリゾ』作者はエドゥアール・マネですね。(モリゾが描いたわけではないです) 美しい。ただただ美しく、引き込まれます。生で見たときの感動がすごかった。サイズ感的には小さいんですが、もうそこから放たれるオーラといったら!!!!

モリゾはマネの弟ウジェーヌ・マネと結婚していて、義理の妹にあたるんだけど、この作品は、エドゥアール・マネじゃないと描けなかった表情、視線だと個人的に思っています。本当に勝手な想像でしかないけれど、二人にしか分からない世界観が絶対あったと思う。それが恋愛とかそういう類のものかは分からないけれど、きっと互いに特別で大切な感情を抱いていたんだろうな、と。

これもマネの作品の中で有名。左手前がモリゾ。

こうやって見返すだけで、胸がドキドキします。


実際にモリゾが描いた作品も、マネにどこか画風が似ていて。The・印象派という雰囲気の絵が多かったです。でも女性にしか表現出来ないような柔らかさや、独特の構図・シーンもあった。

子どもとのシーンが多く描かれていて、母親としてのモリゾの姿がなんとなくイメージできて、表現としてあっているか分からないけど、凄く親近感が湧いて。元々好きな画家の一人だったけど、今回で更にモリゾへの愛が強くなりました。


…とまぁこんな感じで完全に自己満趣味の話になりましたが笑 ちょこちょこパリ旅も振り返っていこうと思います〜

いやーーー パリに戻りたい!!笑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

励みになるので、気に入って下さった方はポチッとして下さい。泣いて喜びます。

また覗いてみて下さい!
1

しらたま

都内で働くOL3年目。 音楽・アート・本・美味しいお酒と食事が生きがい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。