ラベル プレリュード

こうたろう録音

00:00 | 00:30

Youtubeなどの動画作成やTV制作、演劇等で使用できるロイヤリティーフリー素材です。
加工や一部抜粋等ご自由にお使い下さい。
クレジットも必要ありませんが、以下のサイトを宣伝してくださると泣いて喜びます!
---------------------------------------------
こうたろうブログ
http://pinocoa.com/
--------------------

もっとみる

風刺の時代。そして、、、

大阪生まれの僕は、お笑いが好きで、漫才が好きです。

「お前はオモロイから吉本いけ!」

大阪で生まれ育った男で、この言葉を言われたことがある人は、「男前やからジャニーズいけ!」よりも多いかと思います。

(もしかしたら、今は以前より少なくなっているかもしれません)

他府県ではどうか知りませんが、大阪には「男前」よりも、「面白い」と言われる方が嬉しい人が多い独特の文化があるらしいです。

そうで

もっとみる

美術館に行くと、今までと違うものが見えるようになるか? その8

松方コレクション展 2019年7月17日

東京国立西洋美術館は、松方幸次郎の美術コレクションを元に作られました。これまでに散逸したものも、改めて世界各地から集められました。国立西洋美術館としても、かなり力が入った展覧会だと思われます。

松方幸次郎は、明治に2回も総理大臣をつとめた松方正義の三男で、川崎造船所の社長でした。日本人が西洋文化を理解するために、日本に西洋美術の美術館を作りたいという志

もっとみる

美術館に行くと、今までと違うものが見えるようになるか? その10

印象派への旅 海運王の夢 バレルコレクション 2019年8月11日(日) 静岡市美術館

東京で見逃したバレルコレクション展。静岡に行ったついでに見るチャンスに恵まれました。東京では、どの程度混雑していたのか分かりませんが、静岡市美術館は来場者も少なく快適に見ることができました。

今日の一枚は、エドガー・ドガの「リハーサル」。

ドガは数多くのバレエダンサーの絵を描いていますが、その中でも初期の

もっとみる

表現の自由と不自由について

「あいちトリエンナーレ」の『表現の不自由展・その後』がネット上で大きな論争となっている。経緯をざっと説明するとこんな感じ。

韓国の彫刻作家が制作した「平和の少女像」など数点の作品が問題視され、視察した河村たかし名古屋市長は「撤去要請」を求めた。

運営には抗議が殺到し、回線がパンク。単なるクレームだけでなく、テロ予告なども寄せられた結果、大村秀章愛知県知事は、「展示を中止する」ことを発表した。中

もっとみる

ポストロックが好きなんだが

音楽で特に好きなグループを見ると、ジャンルはどれも、「ポストロック」だ。

蓮實重彦という人の「「ポスト」をめぐって-「後期印象派」から「ポスト・トゥルース」まで」というタイトルが目に「ばーん!」と飛び込んで手にした「新潮」2019年2月号。

美術に詳しくは無いけれども、「後期印象派」という呼称の「後期」は、ポストという単語の意味を考えると、ちょっとおかしくないかと思うのだけれども、本屋でこの稿

もっとみる

パリを振り返る〜圧倒的美人ベルト・モリゾ〜

有給消化中にパリへ行っていました。一人で!!(ちなみにフランス語は1ミリも話せませんし、読めません笑)

旅の一番の目的は美術館。好きな絵を生でみること。結果からいうと、目的達成。本当に心に残る旅でした。

パリは有名な美術館が沢山あるけれど、中でも断トツで良かったのは、印象派が多く所蔵されているオルセー美術館。もうねー、本当に胸がいっぱいになるような空間でした。

ちょうどBerthe Mori

もっとみる

【美術館】印象派への旅 海運王の夢

美術館に行った。入った途端にゴッホの絵があったり、エドガー・ドガの絵画があったりと、豪華で満足できる内容であった。

ところが、である。自分がこの絵画を見ても良いのかなと思ってしまった。ホームページを見てみると、

---

1944年、バレルはコレクションのうち何千点もの作品をグラスゴー市に寄付し、それが美術館「バレル・コレクション」となりました。美術館建設に関しての条件は大きく二つ、「大気汚染

もっとみる

4倍見れば、スキになる!?

一言でいうと

良し悪しより「なじみ感」が重要

活用シーン

営業、人間関係、マーケティング

内容

コーネル大学、ジェームズ・カッティングの実験
166人の学生を募った。
印象派の絵画を2点ずつ組み合わせたものを見せた。
2点の組み合わせ方法は、片方は他方より「はるかに有名な」作品(大学で使っている教科書に出てくることの多い作品)とした。

10回のうち、6回までは学生はより有名な絵のほうを

もっとみる

ダレデモわかる美術史”印象派”

美術史って難しいイメージありませんか?
そんなイメージを変えたい!という想いで簡単に美術史の解説をします!

今回は印象派についてです。

先日、ダレデモアート主催のアート鑑賞会イベント「Art Watching Party」にて、鑑賞前に印象派の解説をしたことろご好評いただきましたので、こちらでも書かせていただきます。

1.印象派とは
すごく簡単に言うと「自分の見たものを自分の感覚で描こう」と

もっとみる