インフラエンジニアがプラットフォームエンジニアに転身したら(完全版)

1.1 エンジニア一人の世界を変えた転職

2016年1月31日、わたしは転職しました。

それまで20年以上努めていた会社から離れ、プリセールスというロールはそのままに、スキルエリアを変えるという英断でした。およそ20年、ハードウェアとネットワークを中心としたインフラのエンジニアリング経験を生かした(クラウド)プラットフォーム領域への転身です。インフラのエンジニアとして、データベースを始めとするさまざまな分野のミドルウェアに触れてきました。転職後のプラットフォームの領域は、これまでよりも、もっとアプリケーションに近いレイヤーです。

プラットフォームというと、さまざまな解釈があります。ここではアプリケーションを動かすための基盤のことを、プラットフォームと定義します。クラウドレイヤリングでいうと、Platform as a Services (PaaS)、Application Platform as a Services (aPaaS)と呼ばれる領域です。プログラムソースコードを準備すれば、動作させることのできる PaaS 。アプリケーションをコーディングレス (no code)、ローコード (low code)で開発できる aPaaS が、今のわたしの守備範囲です。

似ているようで、ちょっとちがう。そんなインフラストラクチャーとプラットフォームの両者を担当したわたしが、どのように異なっていて、そこに何を感じたか。比較しながら、将来についていろいろと考えてみるコーナーです。

この続きをみるには

この続き:27,999文字/画像3枚

インフラエンジニアがプラットフォームエンジニアに転身したら(完全版)

しょっさん

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

(n‘∀‘)η ヤァーッホォー
4

しょっさん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。