デジタル・ウェルビーイングの先にある仏教の不思議な未来

デジタル・ウェルビーイング〜「わたしたち」のウェルビーイング

今回は、宗教を取り巻く注目すべき外部環境変化を押さえた上で、これからの宗教を考える上で大切な示唆を、私なりに読み解いてみます。

私はこれからの宗教の外部環境を考えるとき、3つの重要な変化があると思っています。

・AIやバイオテクノロジーの進展とデジタル・ウェルビーイングの隆盛
・サーキュラー・エコノミーやSDGsが象徴する地球規模の課題への取り組み
・Post-religious感覚の広がりを含む宗教観の変化

そのような外部環境の変化に対応して発展するであろう「デジタル・ウェルビーイング」の領域について、雑誌WIREDが特集しています。2018年から編集長に就任された松島倫明さんには、私はMETA CITYというイベントでお会いして、仏教やマインドフルネスにも強い関心をお持ちだったのが印象的です。このWIREDの特集には、とても参考になる記事がたくさん出ているので、ぜひ読んでみてください(ウェブで読めるものにも、いい記事がたくさんあります)。

・松島編集長からのメッセージ
これからの仏教を考える上でも大事になるであろう「ウェルビーイング」について、宗教との関わりにも触れながら、解説してくれています。

・「わたし」のウェルビーイングから、「わたしたち」のウェルビーイングへ

ドミニク・チェンさんの記事。難しいですが、必読です。仏教の縁起との関わりも出てきます。個人の幸せから、集団の幸せへ。多分、これからのマインドフルネスも、個へのフォーカスより、集団へのフォーカスが強くなっていくと思っています(そこにも「掃除」がブレイクする流れが埋め込まれているのです)。

”ウェルビーイングが「個」に根差した尺度で測られるものだとすれば、そこから抜け落ちるものは何だろうか? 日本におけるウェルビーイングの可能性を探求するドミニク・チェンは、主観的なウェルビーイングの因子に地域文化ごとの差異があることを手がかりとして、他者を自己と連続するものとして捉えるわたしたちの世界認識の先に、固有性に根差した「共」のウェルビーイングを提示する。(雑誌『WIRED』日本版VOL.32より転載)”

・人間は「ハック可能な動物」

「ホモデウス」のハラリ氏のインタビューです。あらゆる分野で変化の速度が等比級数的に増していて、年金制度をはじめとした社会の安定を支える様々な公的システムへの信頼も揺らぎ、変化をリードする人々と変化についていくことのできない人々の分断は広がるばかりです。この記事に「AIやスーパーコンピューター、頭脳明晰なエンジニアたちが、あなたの脳をハックするテクノロジーに磨きをかけている」とあるように、テクノロジーが進化し、国家も企業も宗教も信頼できなくなりつつある時代に、私たちは生きています。世の中の変化に合わせて常に自己の刷新を求められ続ける現代の私たちを、ハッキングの脅威から守ってくれるもの。それもまた、自己自身のあり方・生き方であり、「良き習慣」ではないかと考えるのは、飛躍のしすぎでしょうか?

・「よい人生とは何か?」をめぐる三段論法

著者の石川善樹さんは、2年前にブータン旅行へ一緒に行った仲間のお一人です。石川さんはウェルビーイングについていくつか著書があり、このテーマで発信されている中心人物です。いずれお坊さん向けのセミナーにも登壇していただきたいと、密かに思っています。


世界の関心は、かつてのモノやお金といった物質的な幸せから、内面的な幸福(ハピネス)を大切にしようという流れを経て、さらに今は、その幸福を、心だけでなく、身体的・精神的・社会的さらにはスピリチュアル的にも全体的に満たされた状態(ウェルビーイング)として広く捉えていこうという方向へとシフトしているようです。お寺もこのウェルビーイング、特に「わたしたちのウェルビーイング」への貢献を重要なテーマとして取り扱っていくことで、コミュニティを持つお寺ならではの本業における社会貢献(CSV)の形が見えてくるのではないでしょうか。

トランステック〜悟りのテクノロジー

さて、ウェルビーイングがホリスティック(包括的)な幸せ概念であるとするならば、それがさらに発展していった先に「悟りのテクノロジー」が注目されるのも、自然な流れです。

先日、「悟りのテクノロジー」に向かう試みとなる作品を体験してきました。トップ画像の私が作務衣で機械に乗っている写真は、2019年3月に六本木ヒルズで開かれていた「Media Ambition Tokyo」を見に行った時に体験させてもらった「シナスタジア X1 – 2.44」です。

説明によると、「共感覚体験装置、シナスタジア X1。 44の振動子を組み込んだ装置に身を委ねると、音と振動、光に全身が包み込まれていく。今回はサウンドアーティスト evala (See by Your Ears) を招き、体験者の身体そのものがメディウム(媒介)となる新たな音楽体験を提案。 意識が研ぎ澄まされていくフロー状態へと、体験者を誘う」というもの。耳で聞いているのか、体で感じているのか、境界が曖昧になる、確かに不思議な体験でした。

そのような「悟りのテクノロジー」を技術領域として束ねるのが、トランステックです。トランステック(Transformative Technology)とは、「メンタルとエモーショナル、サイコロジカルな面において人間の進化を支援する技術」のことで、五段階欲求説で有名なマズローが死の直前に「自己実現欲求の上に自己超越欲求がある」と主張したその六段階目をテーマにしたテクノロジー領域、と言っても良いかと思います。

この続きをみるには

この続き:5,018文字/画像4枚
記事を購入する

デジタル・ウェルビーイングの先にある仏教の不思議な未来

松本紹圭

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

"Spiritual but not religious"な感覚の人が増えています。Post-religion時代、人と社会と宗教のこれからを一緒に考えてみませんか? 活動へのご賛同、応援、ご参加いただけると、とても嬉しいです!

ありがとうございます!励みになります〜!
4

松本紹圭

ひじり。未来の住職塾、塾長。

方丈庵

方丈庵は「インターネット上のお寺」のような場所。 松本紹圭の有料記事読み放題に加えて、ミニ仏教講座(仏教の豆知識や用語解説)、面白いと感じたモノやコト、いいなと思ったコトバ、紹介したいお寺や僧侶など、方丈庵だけのコンテンツもたくさん。 お寺は良き習慣の道場。 ここ方丈庵をベ...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。