【記事感想】マネックス、Facebookの「リブラ」に申請

松本氏は、クロスボーダー(国をまたいだ)送金市場、新興国への寄付や出稼ぎ労働者の母国への送金などに「金融包摂」にリブラの可能性を感じている。
記事元:マネックス松本氏「リブラ協会に申請中」、仮想通貨リブラの可能性を語る【追記】

マネックスがリブラへ申請するという驚きの記事。米国ではFacebookのリブラを止めようと騒動が巻き起こっているけど、これをものともせずリブラへ申請するというのは、胆力がいる決断では…

マネックスは仮想通貨流出で問題になったCoincheckを買収するなど、仮想通貨に意欲的な企業。今回の申請が認められれば、日本で初めてリブラ参画企業になる。仮に認められなくてもアピールポイントとしては最適。

ネットバブル期の日本でも、ライブドアが球団を持つニュースが駆け巡り、結局失敗しても、「言うのはタダ」と言う言葉が印象的だった…たしか、どこかの本で、そんなコメントを読んだような気がする。

それから引用について…リブラはやはり銀行口座を持てない人。新興国や発展途上国で使うには便利なものだと思う。これがリブラの大きな利点かな?Facebook、メッセンジャーなどのアプリを持っていれば、送金も決済も可能になる。実現されれば海外でのお金のやり取りがもっと簡単になりそうで楽しみ。

果たしてマネックスはリブラに参画することができるのか?


#リブラ #マネックス #Facebook #送金 #仮想通貨 #暗号通貨 #決済 #暗号資産 #銀行口座 #米国

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
メモ用と所見用として使っていきます。学んだことはアウトプットしていく予定です。ゴリゴリやって自分の血肉とします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。