テクノロジーの変遷から読み解く、「小売×決済」業界の歴史と未来

スマートフォンが浸透し、我々の生活には、ネットが欠かせない存在に。
そんな時代の変化は、小売の構造にも革命を起こそうとしているーー。

D2Cと呼ばれる小売の形態が現れ、様々な会社が生まれている今。

この「小売」について、関わりの深い「決済」と共に「小売×決済」というテーマでhey の佐藤 裕介氏、coineyの佐俣 奈緒子氏が、語ってくださいました。

本イベントは、シードVC「THE SEE

もっとみる

【日刊ZOE NEWS】会計終了まで26秒! 超アナログ「からくり決済」、キャッシュレス時代にあえて「待つ」魅力 / ECモール「ストデパ」が初の体験型リアルストアをオープン、テーマはサステナ

2019年8月21日(水)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

会計終了まで26秒! 超アナログ「からくり決済」、キャッシュレス時代にあえて「待つ」魅力

「ステキすぎる」に尽きますね!

実店舗は今後、利便性の追求 or 体験の追求 のどちらかの選択を迫られるような話しは方々であります。

一方で、もう一歩手前を見ると、価値経済において「この時間、このお金っ

もっとみる

新技術と規制(リブラを巡って)

昔の郵貯、現在のゆうちょ銀行も、フェイスブックのリブラのように国債だけを持って送金サービスを提供していました。なので、資産構成だけを見ればリブラは新しいところはありません。

これまでのメディアの報道をみると、リブラの新しい点は、

クロスボーダーのインターネット・プラットフォーマーが提供する

利用者との契約が存在しない形で、発行体の一方行為として既存の通貨との安定的な兌換性を実現する暗号通貨と

もっとみる

〇〇ペイってどれ使うべき?!(2019/08)

こんにちは!

冨田です!

今回は乱立する〇〇ペイの中で、どれを使うべきなのか、僕が実際に使っているものを参考に、お伝えしたいと思います!

では早速、〇〇ペイの話に・・・と行きたいところですが、その前に〇〇ペイではクレジットカードと紐付けることができるものがあります。場合によっては特定のカードと紐付けることでお得になるものもあるため、まず最初にそのカードについてお話しようと思います!

1.K

もっとみる

セブンペイ問題の本質

もう一つ決済ネタを。

セブンペイが大失態を起こしたことについてはもはやここで書くまでもないことなのだが、実は日本のメディアが書いていることについて少々の違和感を持っていた。

ちょうど同じ時期に、キャピタルワンというアメリカの金融大手が1億人強のデータを漏洩させたことがニュースになった。
過去最大規模と言われていて、その規模はセブンの比ではない。

アメリカの小売業界では過去、ターゲット、ホーム

もっとみる

乱立は日本以上?マレーシアの決済アプリ事情2018-19

はじめに

 私は海外旅行に行くとたいてい、その地の便利アプリを試してみます。
 理由は効率性の追求のため。
 日本では、無駄な会議、冗長な業務フロー……と、仕事をするのに非効率的なシステムばかりがまかり通っています。
 その一方で、増える仕事、減らされるように言われる労働時間……。そんな中で「働き方改革」なんて掛け声だけでは実現不可能で、解決できる可能性があるとしたら、そう、テクノロジーを使うし

もっとみる

【日刊ZOE NEWS】買い物体験を変える「○○Payの勝ち組」はどこか / アリババが越境EC「網易コアラ」買収?天猫国際との統合で越境EC事業強化?

2019年8月15日(木)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

買い物体験を変える「○○Payの勝ち組」はどこか

イマイチ普及が進まない理由はコメ兵 藤原さんに同意です。

日本で一気に普及しない理由は・NFC(Suica)による大企業中心・加盟店手数料が高い※・Posレジの改修が必要などユーザーではなく導入企業側の理由がとても大きい。したがってユーザーに還元する

もっとみる

決済論議ですっぽり抜けていること

7月号なので少し遅くなったのだが、決済を特集した業界誌を読んだ。

ざっと読んで気づいたのは、消費者視点の欠落である。

特徴的な文言を抜粋する。
『「中小事業者のキャッシュレス導入に関する課題」調査で、キャッシュレス決済を導入したところ(35%)に、なぜ導入したのか、その理由を聞いた。大きくは2つのセグメントに分類できる。売上アップと業務効率アップである。』

買い物という行為は、店に行き、店内

もっとみる