見出し画像

+レンズ1本で始める、野生動物撮影  <前編> #08

今日はめずらしく、撮影機材のお話です。
「野生動物写真って、撮ったことないけど始めてみたい」という方に、是非読んでいただきたい記事です。特に、普段一眼で撮影を楽しんでいる方。レンズ一本あれば世界は変わる。動物撮影の世界って、実は、そんなに遠い世界じゃないんです。

画像1

△ アナグマ。少し山に入れば出会える、遠い様で、身近な野生動物 △

大砲のような大口径レンズを手に、自然を求めて遠い撮影地へ…。
野生動物の撮影って、そういうイメージがあるのかもしれません。
でも、このマガジン"自然写真家のnote"でお伝えしてきた通り、
実はあなたが暮らす街中でも、すぐそばに自然や野生動物を見つけることはできるはず。

そして、次に機材。動物撮影にはやはり望遠レンズは欠かせません。
望遠レンズって、大きくて高価…。ハードル高いイメージありますよね。
高価で高性能な大口径の超望遠レンズがあればもちろん、画質的には申し分ないのですが、デジタルカメラの性能が飛躍的に上がった昨今、比較的安価な望遠ズームレンズでも、充分に動物撮影を楽しむことができるんです。
普段、スナップやポートレイトを楽しんでいるカメラに、一本の望遠レンズをつければ、見える世界・被写体が全く変わってきます。そんな別世界を味わうのも、レンズ交換式カメラを使いこなす一つの醍醐味でしょう…!
というわけで、まずは機材のことから、お話ししてみましょう。

■ なぜ大口径超望遠レンズが必要だったのか

動物撮影において、乗り越えるべき大きな障壁が2つあります。
まず一つめは距離。当たり前ですが野生動物は警戒心が人間や、一緒に暮らすペットなどの動物に較べて非常に強いです。だから近づくのが難しい。小鳥の様な小さな被写体を大きく写そうとするなら、尚更です。反対にクマなどの大型動物であれば、危険を避けて距離をとる必要がある。もちろん彼等動物たちにプレッシャーを与えずに撮影するという気遣いも必要です。そんなわけで、500mmとか600mmとか、長い焦点距離が必要なんですね。
とうわけで、見た目も長いレンズが必要になってくるわけです。

画像2

△ 薄暗い条件の中、大口径超望遠レンズ(500mm/F4)で撮影 △

そして二つめは
動物の活動が活発になるのは多くの場合「薄明薄暮」といわれる薄暗い時間帯。まぁ、平たく言えば明け方と夕方ですね。魚釣りをする人はよく言うんですが「朝まずめ」と「夕まずめ」って、魚が釣れる時間帯なんですよね。動物たちが活発になる。それから時間帯だけじゃなくて例えば森の中での撮影だと、日中でも木々の梢に陽の光が遮られて薄暗い。
しかし筒の長い望遠レンズは設計上、暗くなりがちです。そこを解決するために、ちょっと専門用語なんですが「解放F値」が明るいレンズが必要になってくる。ものすごいザックリ言ってしまうと、薄暗い中でもたくさん光を取り込めるように、レンズを大きくした設計ということ。
そういうわけで長いレンズが、さらに太くなって大口径超望遠レンズ、デカイ!となってしまうわけです。値段もデカイです。

ちなみに上のインスタグラムの写真、左が現在僕のメインレンズである500mm/F4という大口径レンズ、右は70-200mm/F2.8というレンズですが、これからご紹介する、もう少し焦点距離の長い望遠ズームも同じようなサイズ感だと思ってくださって、だいたいOKです。
サイズの差、激しいですよね。お値段もです。汗)

■ デジタル化が可能にした、新しい動物撮影

大口径超望遠レンズの大きさ、高価さは、動物撮影の敷居を、とてもとても高いものにしていました。ですが今なら、そういったレンズが無くても、ある程度の動物撮影は可能になりました。それはなぜか。

画像3

△ 後述する望遠ズームレンズ(80-400mm)で撮影したもの △

やはりこれもデジタル化の恩恵なのですが、革命はまず、カメラのボディ側に起こります。フィルム時代は原則固定だったISO感度というものをスイッチひとつで自在に変えられるようになり、これが撮影を変えます。
感度、ざっくり言うと光に対する敏感さで、高感度になると少ない光でも敏感に感じ取って、明るい写真にすることができるんですね。その代わりノイズが出る。モノクロとかでよく見る、ザラザラしたヤツです。ところがテクノロジーの進歩は、そのノイズを抑え込み、高感度で低ノイズの写真撮影を可能にします。
だったら、でっかくて明るいレンズじゃなくても良い感じに撮れるじゃん?というのが今の時代なのです。
さらに、安価で焦点距離の長い(望遠効果の高い)ズームレンズが発売され、より動物写真は身近になりました。動物撮影は、一部の人のものではなくなってきたのです。

■ 動物撮影の第一歩に最適な「望遠ズーム」とは?

画像4

というわけで、望遠ズームレンズとその作例をご紹介していきましょう。
まずはこの写真。都内の河川で見つけたカワセミを撮影したものですが、どうでしょう?解像度しっかりしていませんか?望遠レンズの課題は画質と焦点距離(望遠効果)。構図の良し悪しは撮り手のウデなのでともかく 汗)、ボヤけたり遠すぎたり、そんな風に見えなければ、合格です。使ったレンズはニコンの200-500mm/F5.6というレンズです。

上記リンク先には作例もあるので、ぜひ覗いてみてください。
お値段ですが、それはこちらで。

特別シビアな状況じゃなければ、これで充分、高いレベルでの野生動物撮影が楽しめると思うんですよね。
お値段高いですか?確かに普通のレンズに較べればちょっと高いかもしれませんが、望遠の中では格安の部類に入ります。そして、今までとは全く違う撮影の世界が手に入るので、そう高すぎることはないでしょう。

画像5

これは北海道での撮影ですが、こちらも200-500mm。価格が何倍もする大口径レンズに、さほど見劣りしないと個人的には思えます。

それからもう一つ。

画像6

これも都内というか、自宅のそばで撮影したもの。
メジロの毛並み?羽?も良く解像しています。使ったレンズはこちら。

80-400mmということで前述のレンズより少し短く、お値段も高くなりますが、画質の良さに加え、80mmからとズーム域は広く、風景などにも重宝します。

画像7

200-500mmが発売される前は、僕もこの一本で何でも撮っていた記憶がありますね。とにかく汎用性の高いレンズです。

画像8

ちなみに、ズーム域の広いこのレンズは、被写体との距離が目まぐるしく変わるクルーズ船での撮影に向いています。あっという間に近づいたり遠くに去ったり、シャチは動きの速い被写体。こういう場合にも便利なレンズなんです。

遠い被写体を少しでも大きく写したい場合、狙う被写体が小鳥などの小さなものが多くなりそうな場合は200-500mm、景色なども視野に入れて幅広く撮りたいなら80-400mmといったところでしょうか。
全く新しい世界に第一歩を踏み出すことを考えている皆さんには、お値段的にも安価な200-500mmがオススメかもしれません。

もちろん、この2本のレンズは、僕自身の撮影機材としてもバリバリの現役です。先に述べたように被写体との距離が目まぐるしく変わる場合や、移動距離が長く、テント泊での撮影など、軽量化が必要な時に重宝しています。
軽くて扱い易いというのも、手振れに注意が必要な望遠レンズでの撮影には強みになります。2本とも長く使えるレンズと言えると思います。

画像9

ちなみに望遠レンズがあれば、こんなシチュエーションでも、重宝します…。もちろん僕も、家庭内では撮影係。笑)

そうそう、僕はニコン使いですが、他のメーカーさんでも、もちろん望遠ズームレンズはラインナップされています。

キヤノンの100-400mm、ソニーの200-600mmなどが先に挙げたニコンのズームレンズに相当しますね。

…しまった、レンズの話してたら、それだけでこんな文字数になってしまいました…。ということで、今日はこの辺でまとめます。笑)

いかがでしょうか。本格的な動物撮影を始めるのにまず必要なのは
あなたが今お使いのカメラに一本レンズを足すことだけ
です。
たしかに奥深い世界かも知れません。でも高い山ですが、登山口は開けています。是非ぜひ検討してみてください。

次回は、実際に初めての望遠ズームでの撮影の仕方・被写体別のコツなどをご紹介できればな、と思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


更新情報はツイッターで随時配信しています。
フォローしていただけると嬉しいです。
■ twitter @sinh11  ■ facebook
■ マガジン 自然写真家のnote
▼ 前記事 ▼
ヒグマを追って、なぜ海に出るのか。
ノルマを捨てて視点を育てる。動物写真への取り組み方



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、旅費や機材など新しい撮影活動の資金とさせていただき、そこで得た経験を、またこちらで皆様にシェアしていきたいと思います。

クマ見ませんでしたか?
109

Sinh

二神慎之介 / 東京/道東。写真撮り。映画『草原の椅子』から写真の途に。 現在は『森のヒグマ』を中心とする野生動物を被写体に活動中。 http://www.sinh11.com/

自然写真家のnote

ヒグマや漁師... 野生動物や自然に関って生きる人達を撮影する二神慎之介の思うこと、自然観、撮影活動について エッセイ形式で綴っていきます。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。