新しい時代の象徴ピコ太郎さんのブレイク


世界的に有名になったピコ太郎さんですが、昨日配信された記事「音楽業界の常識を打ち破ったピコ太郎、ネットに柔軟なビルボードにも注目」にもあるように、制作費10万円とされる動画があっという間に拡散されて世界中に広がりました。
この流れにはマスメディアは一切関わっていませんし、記事にも「音楽業界の常識をすべて打ち破った」「従来の販促ツールは一切使わず、ネットの拡散のみによって今回のヒットが実現」と書かれています。
つまり誰も仕掛けてないんです。

まずはこういうことが可能な時代になったことは本当に素晴らしいことだと思いますね。
でもね、これはピコ太郎さんだけが偶然にラッキーな現象が起こったということではなく、この記事を読んでいるあなたにも十分チャンスはあるということなんです。
他人事ではないですからね(笑)
アイデアややり方がウケれば、勝手に拡散されて世界中に広がるんです。

ただ、そこでもう一つ超重要なのは、こうやって何かがバカウケしたときに、第二弾や第三弾が用意されてるかどうかです。
ネタだとしても曲だとしても、他にもありまっせ〜ということでないと一発屋で終わります。
ずっと活動してきてある程度の基盤ができているなら対応できるかもしれませんが、たまたまウケたということだとそれで終わります。
活動を続けてきて構築されたものがない状態で突然有名になると、本当に一瞬で終わりますから。

だから自分から発信するということをやりながら、自分の作品のスタイルや自身のキャラクターなどを作っておく必要があるのです。
毎日ブログを書いて文章力を身に付けるとか、しゃべりが上手くなるように自分でラジオの番組を作ってみるとか、ツイキャスなどで番組をやって自分自身のキャラ作りをするとか、YouTubeに歌やコントなどアップするとかね。
やり方もそうだけどツールもたくさんありますから。
ま、言葉は古いですけど昔でいう下積みですね。
やはりこれがないと底力を発揮できないんですよ。


ピコ太郎さんの今後も参考になるでしょうし、探せばこういう形で活動している人はたくさんいるでしょうから、これはいい!と思えることはどんどん自分に取り入れていきましょう。
そして実際に「形」にするんです。
その「形」は人によって違いますが、曲でもいいし写真や絵、イラストやマンガ、録音した音でも動画でもなんでもOKです。
もちろん今までになかった表現方法でもかまいません。
「こんなことやったら面白いんじゃね〜の?」を実際に「形」にすればいいんです。

セルフプロデュースで活動していくことの可能性を実際に見せてくれた例として、ピコ太郎さんのブレイクは大変参考になります。
自分に置き換えて可能性を探っていきましょう。
「たまたまあの人はラッキーだった」ではなくて、自分の身にも起こるように行動を起こせばいいのですから。


もう観たよという人も多いでしょうけど、あえて貼っておきます。
再生回数を見てください。
恐ろしい数字になってますから。




⭐️ ✨ ⭐️ ✨ ⭐️ ✨ ⭐️ ✨ ⭐️ ✨ ⭐️ ✨ ⭐️ ✨ ⭐️ ✨ ⭐️


【 LESSON 】  セルフプロデュースレッスンの詳細はこちらhttps://note.mu/stevekoyama/n/n1a118edd17a6 


【 YouTube 】  ワンポイントセミナーhttps://www.youtube.com/channel/UCMSA1Er5Ryjl3fZibwl7W4A/videos


【 RADIO 】  レディオ湘南「スティーヴ小山とMr.Voiceのネオセルフ・プロデュース」のアーカイブページ
http://musictownz.voice-project.com/posts/categories/347319/page/1?type=list


【 MAIL】  質問や問い合わせ、仕事の依頼はこちらへ! 

quont1994@gmail.com




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

小山隆信

音楽ビジネスの現場で多くのことを学んできました。その経験から得た「時代が変わっても変わらない大事なこと」を書いていこうと思います。

ブログ 2016年11月

コメント2件

私もこの件に関してはブログで書いたり参考例として語って行けるなと、
色々思う所がありながら観ています。

大体これについて評論家みたいな人たちが語っている記事は、
そのほとんどが結局今までの価値観をベースに語り、
最終的に「何故?」になってるのが滑稽だなと。笑

だから今までのものとは全く違うんだって!
今の価値観ベースで解説出来る訳ないだろ!と、
個人的には観ています。

ただ一つ残念なのは、
最早当たり前に結局avexや広告代理店、TV等がベッタリ寄り添って来て、
本人もそれらから完全に出る事なく、芸能人という古い流れの中にいる所が、
私としては勿体無いな…と思ってしまいます。

私の持論ですが、
あれは英語で全世界誰が観ても内容が理解出来るという点が、
受けた最も重要なファクターだと思っています。
(図らずとも世界標準となっていた)

以前小山さんがリツイートしていた音楽の市場規模の話と同じです。
高山さんへ
そうですね〜。
有名になったとたんにマスメディアに取り込まれていってしまうのは、ちょっと勿体無いですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。