ブロックチェーンは何も解決しない。

はじめて、ブロックチェーンを知った時は興奮したものです。なぜかと言うと、「分散化した環境下で、合意形成が取れる」と謳っていたからです。

「これは民主的だな、色々な問題が解決する」と夢中になりました。

「ブロックチェーン」という言葉が、どうも一人歩きしていると感じたのは、ビットコインやイーサリアムを、よく理解してからでした。

よくよく考えれば、「分散化した環境下で合意形成」と言うのは、ビットコインのことだったのです。「ブロックチェーン」は、ビットコインや他の暗号通貨を実現するための、一要素にすぎません。

今回もJimmySong氏の論考を訳してみました。

以下、本文。

ブロックチェーン技術は真新しいものであり、十分な時間を投資すれば誰かが、通貨以外に役立つものを作るということを、ビジネス界隈では多くの人が信じています。これこそ私が「ビットコインではなく、ブロックチェーンを」症候群と呼んでいるもので、この記事では、ブロックチェーンさえ導入すれば、革命的な分散技術が実現するという神話を一掃します。

「ビットコインではなく、ブロックチェーンを」と言われてすでに5年。

企業のブロックチェーンへのこだわりは、ビットコインが世間で公になった直後の、2014年に始まりました。Bitcoinという革命的で革新的、分散化された、希少性がある、デジタルな通貨に注目する代わりに、彼らはBitcoinから「ブロックチェーン」だけを取り出しました。

ブロックチェーンを中心に、市場を開こうとしている、HyperledgerやR3のような複数の業界団体や、Digital Asset Holdingsのような会社が、この時期に現れています。

彼らに共通していたのは、あらゆる種類の産業における問題の万能薬として「ブロックチェーン」という単語を、使用したことでした。いかにも企業らしく、典型的なのは、彼らは「ブロックチェーン」という言葉を取り、あらゆる問題の解決策として、自分たちに都合の良い意味で使用したことです。

無知が誇大広告と出会う時


「ブロックチェーン」という言葉が、2015年頃に通った道筋は信じられないものでした。技術者ではない多くの人々、特にBitcoinがどのように機能するか、漠然とした感覚しか持たない人たちは、「私はブロックチェーンというテクノロジーを信じていますが、Bitcoinを信じていません」と言ったことです。これは明らかに、テクノロジーに関して、最先端にいるように思われたい、ビジネスマンの典型的な回答でした。

2011年から2015年頃まで、ある程度は今日まで、Bitcoinの評判が悪かった2つの理由があります。第一にBitcoinは、麻薬の売買、裏ページの広告の支払い、あるいはリバタリアンなどの活動と、関連してたからです。第二に、Bitcoinの技術を理解することは、一般の人たちにとって難しすぎて、効果的な問いを立てることに対して、難易度があまりにも高かったからです。

言い換えれば、「ビットコインではなく、ブロックチェーンを」を支持することは、当時のBitcoinに関連する、すべての不快な意味合を排除し、ブロックチェーン技術の、専門知識を持っているという印象を、多くの企業に与えられたからです。この行動から明らかなことは、彼らは、結局ブロックチェーンの本質を理解できず、無知である種をまいたことです。

技術に対する無知は、インセンティブ設計、ゲーム理論、さらには公開鍵暗号化さえ、ほとんど理解されないまま、ブロックチェーン技術者と名乗る、二流のエンジニアを生み出しました。これらのいわゆる「専門家」は、ある業界の問題はブロックチェーンさえを用いれば、少ない開発者、資金で解決きると信じさせたのです。しかも、「ビットコインではなく、ブロックチェーンを」症候群が発火する以前にも、誇大広告という形の大量の燃料が注がれたのです。

ブロックチェーン:全ての病気の万能薬

見せかけの知識は「The Blockchain Revolution」のような本に至ります。経済のほとんど、すべての分野の問題を解決すると謳い、同時に、技術的概念を曖昧に表現したため、多くの経営幹部は、「ブロックチェーン技術」に乗り遅れまいとしました。

多くの人が、ブロックチェーンこそ、業界が抱える問題の解決策になると約束されました。医療業界では、「ブロックチェーン」が、どういうわけか、患者のプライバシーを侵害することなく、患者の履歴を適切なタイミングで、提供者に利用可能と言われました。法律に関しては、「ブロックチェーン」はどういうわけか、高価な弁護士を必要とせずに、完全に公正な契約を作成できると言われました。サプライチェーンでは、「ブロックチェーン」はどういうわけか、一部の部品が規格外であること、または十分な部品が納入されていないことが、誰の原因であるか、証明できると言われました。芸術、音楽、そしてテレビでは、「ブロックチェーン」は、どういうわけか、著作権侵害を解決し、仲介者を排除することによって、作者に報いると言われました。オンライン広告の場合、「ブロックチェーン」はどういうわけか、ユーザーの正確な追跡をし、詐欺を減らし、利益の大部分を搾取する、仲介者を排除すると言われました。このように「ブロックチェーン」が、おそらく解決してくれるであろう、困難な問題は、いくらでも出てきます。

これらの解決策が、各業界の問題に対応しているのは、偶然ではありません。ブロックチェーンは空白のキャンバスになり、その上で、問題が解決可能なものとしていくらでも描けます。文字通り何百もの新興企業や、業界コンソーシアム、ICOを実施している企業は、「ブロックチェーン」を使用して、あらゆる業界で非効率性を、解決すると約束しました。

スタートアップの多くは、唯一の足りない部分は、ブロックチェーン専門の開発者であると考えました。彼らは、ブロックチェーンの専門家を集めさえすれば、業界をもっと良くして、彼らのために、途方もない利益を生み出せると考えました。

ブロックチェーンの現実


きっと、ブロックチェーン専門の開発者が、業界が望んでいたことを実現さえできれば、全てがうまくいていたはずです。ゼロ知識証明を、相互監視するオラクルを使用して、数テラバイトのスマートコントラクトを、迅速かつ効率的に実行でき、完璧で監査可能な、分散化された、暗号化データベースを作成するのはきっと簡単です。Solidityの数行のコードで、スケーラブルで、矛盾のない、保守可能なシステムを作り出せ、業界Xの最大の問題点を解決できたはずです。いやいや、無理でしょう。。

ブロックチェーンは、「業界Xで最大の課題を解決する」という謎の専門用語を使用して、課題が解決されることを、人々に納得させるというバズワードとなりました。ところが、現実はまったく違いました。スタートアップが発見したのは、ブロックチェーンは、万能薬ではないということです。彼らが直面したのは、長い間知られていた問題でした。オラクル問題、コンセンサス問題、チューリング完全コントラクトの分析可能性、フリーライダー問題など。また、ブロックチェーンであることは、少なくとも名目上は分散化している必要があるために、実際にこれらのソリューションを解決する際、万能薬どころか妨げになります。

さらに悪いことに、ブロックチェーンの開発者は、ユーザーおよびノー​​ドのインセンティブ、また敵対的な環境化での、悪用の可能性については、まったく無知でした。

完全な失敗


残念ながら、この病の結果は予測可能です。ごくわずかな人しか理解できないテクノロジーに対して、二流の技術で解決できると約束しても、成果を上げることはできません。結局、努力の結果、何も生み出していません。実証実験が生み出した、数少ない製品は、本格的な製品へと発展していません。発表された数少ない製品は、非常に小さな牽引力しか持っていません(1日当たり、2000アクティブユーザー未満のアプリやウェブサイトは、完全な失敗と見なされます)。

それにもかかわらず、業界X用の分散型ブロックチェーン、Yを最適化するための企業向けブロックチェーンの取り組み、および一部のサービスZ向けのパブリックブロックチェーンでさえも、今も注目を集めています。約束と結果の矛盾が指摘されると、ようやくいくつかの議論が起こります。

なぜブロックチェーンテクノロジーから、Bitcoin以外何も出てこないとを言い切れるのですか?

確かに、ブロックチェーンは、sound moneyのためだけに有用である、という私の論考に対して反証するのに、1つの反例を使うだけで事足りるのは事実です。ブロックチェーンという言葉を貶めることなく、ブロックチェーンが提供する価値の本質を言えば、分散型で、それ自体に価値があり、データを変更するには高コストであることです。これらの要素は、まさにBitcoinのようなsound moneyのために、誰もが望むものです。

規制され、変化し、成長している業界向けのソフトウェアであることを考えると、貨幣以外のプロジェクトが、一般的に必要とするものは、集中管理でき、アップグレード可能で、拡張可能なシステムです。残念ながら、ブロックチェーンとの組み合わせを考えると、このニーズは非常に難しくなります。言い換えれば、ブロックチェーンは、企業には不適切な道具です。

奇跡的に、人気のあるアプリが、ブロックチェーン上で作成されたとしても、ブロックチェーンなしの集中型のシステムは、「分散型」ブロックチェーン- yバージョンとまったく同じ、単一障害点を持ちながら、より安く、より速く、より信頼でき、より保守可能になります。 別の言い方をすれば、一般的なdAppの設計は、コスト、スピード、機能、規模の面で、集中アーキテクチャの競合他社に負けます。

非常に多くの人々がブロックチェーンに取り組んでいます!何かが誕生するの違いありません。

何かに取り組んでいる人がたくさんいるからと言って、欲望が魔法のように、現実に変わるわけではありません(参照:錬金術、常温核融合、空飛ぶ車など)。

それは言い過ぎとして。空飛ぶ車は少なくとも可能です。一方で、ブロックチェーン・プロジェクトが取り組もうとしているのは、「四角い丸」の作成、または永久機関です。集中管理で分散サービスを実現したい、つまり論理的に不可能ということです。

「ジミーは実験や、起業家精神、新しい挑戦をすることに反対しているんだ!」私によく届く批評の声です。これは典型的な「釣り」で、問題を見誤っています。実験を始めるのは、何の問題もありません。しかし、失敗した実験により多くのお金を注ぐことは、お金の使い方として間違っています。「ブロックチェーン」実験は無駄であるという歴史を持ち、実際には、ほとんどが一般社会で役に立っていません。資本と人的努力の無駄であり、いかなる有用な商品やサービスにも導きません。ペテン師が、自分の都合がいいように、利益誘導しているだけです。

これまでたくさんのお金が投資されました!誰かが何かを思い付くはずです!

技術的課題の解決は、単に資金調達の問題ではなく、技術革新の問題です。さらに悪いことに、ブロックチェーンのような、特に厄介で高コストなテクノロジーを、使用するために会社がコミットした場合は、何かが誕生する可能性は少なくなります。これは解決策が先にあって、後で問題を探している典型的な例です。お金を投じたからと言って、魔法のように、ブロックチェーンが最適な解決策であることにはなりません。

結論

「Bitcoinではなくブロックチェーンを」は新しい考えではありません。過去5年間は、このいわゆる「ブロックチェーン」技術では何も生み出されていません。今後5年間でも、進展を見ることはまずないでしょう。ブロックチェーンが得意であると思われる唯一のことは、問題を解決すると約束しながら、何の成果物もなく、途方もない資本を消費することです。

ブロックチェーンは、解決策が問題を探している状態です。あまりにも多くの人々が “ブロックチェーン"という言葉によって取り込まれ、裸の王様が服を来ている振りをしています。架空の服は、業界の最大の問題に対する、完璧な解決策のように思えるかもしれません。残念ながら、希望的観測をしたからと言って、それは「現実」ではありません。

悪い知らせで申し訳ありませんが、王様は服を来ていません。ビットコインなしのブロックチェーンは、何もないハンバーガーです。

「AI」と「ブロックチェーン」は、言葉だけが一人歩きしている典型的な例です。テクノロジーをよく理解せず、単純化してしまった悪例です。

ビットコインのブロックチェーンが実現する、もっとも魅力的なところは、企業がもっとも避けたい、「分散環境下での合意形成」。つまり自らの存在を解体するということです。

ビットコインを構成する要素、ブロックチェーン、公開鍵暗号、P2P、マイニング、そしてコンセンサス・アルゴリズム。これらの要素は、寸分の狂いもなく調和し、10分間隔で鼓動を刻んでいるのです。

決定的なのは、ビットコインを完成させた最後の1ピース、「Satoshiの不在です」。

「ブロックチェーン」だけ取り上げて、同じことができると考えるのは愚かです。

ビットコインはコピーできないのです。

アンドレアス・M・アントノプロス氏の本で、ビットコインを構成する要素を理解できます。

JimmySong氏の技術本。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

168

S ⚡️

#エンジニア 系記事まとめ

noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。
5つのマガジンに含まれています

コメント1件

地球そのものの管理形態が、社会的、文化的、歴史的、政治的etc
つまり、今まで知り得なかった枠組み規制が解放されたら、全ての非常識が常識にひっくり返されるような別次元な世界になれば、もっと飛躍できるだろう。

あくまで、私の感覚ですが、たかが5~10年如きで世の中全体が劇的に変化するのが自然の摂理、つまり宇宙の真理と乖離する。

例えば、戦争とか自然大災害とか惑星衝突爆発とか起きて、人類の今までの意識体が一掃されたら、話は別ですがね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。