使用期限が12年も過ぎたフィルムで桜を写す

フィルムで撮っていることをあちこちで話していたら、親戚からこんなものが送られてきた。

コニカミノルタ 業務用カラーフィルム。富士のイメージが強い業務用フィルムですが、コニカにもあったんですね。

注目すべきは有効期限で、2007年の3月となっています。親戚いわく古いカメラと一緒に倉庫に眠っていたそうです。

「フィルムで撮ってる人が身近にいるなら...」と、ぼくに譲ってくれました。我が家でさらに保管期間を伸ばすのも微妙なので、すぐさま近所の桜を撮ってきました。

これが想像以上に写ります。10年も使用期限が過ぎたフィルムですが、光を与えればまだまだ輝けます。

写りはうっすらとピンク系のフィルターが乗ったような仕上がり。きちんと撮れているわけではありませんが、インスタやトイカメラのような雰囲気のある描写になりました。

一般的に、こうした期限切れフィルムは感光材料が劣化している場合が多いそうです。それが原因で露出不足になったりコントラストが低下したりする。なるほどたしかに、上の写真でもシャドウはグリーン被りしている。

劣化具合はフィルムの保管状況(日向 or 日陰・常温 or 冷蔵冷凍)にもよるのでコントロールは難しく、きちんと撮るのには向かないでしょう。

一方で「不確実性を楽しめる」とも言えます。キレイに写せるカメラはどんどん増えていく中、あえて期限切れのドキドキを楽しむのも大いにアリ。

わざわざオークションで期限切れを買ったりはしませんが、こうして手に入ったときは面白がってみたいなと思います。

***

一番最後の写真は自戒の念を込めて、凡ミスの写真です。12枚撮りきったあと、巻き上げをせずにボトムカバーを開けてしまいました。おかげで盛大に感光しています。たまにやるんですよね、この手のミス。

やっちまった...ありがちすぎるレンジファインダーの凡ミス

また半年後くらいに何かやらかすんだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさまからのサポートはRICOH GR IIIの購入費用にあてさせていただきます。 http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-3/ ↑こんなカメラです

TRANSITの写真っていいですよね。
62

ワタナベ

映像ディレクター。1985年生まれ、東京都出身。民放にて映像制作のキャリアをスタートし、現在はweb向けの配信企画・演出を手がけています。noteでは我が家の子供たちをフィルムカメラで撮る「ワタナベ家の写真日記」を更新中。いろんなフィルムカメラで撮ってます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。