「寄付」を「投資」という考え方に変えたい

「寄付」とは無条件で与えること


その「寄付」「投資」という考え方に変えたいと思っています。
「寄付」にリターンはないと言われますが
それを社会の仕組みで変えちゃえばいいじゃないって思うんです。

あくまでも基本は「施し」であればいいと思うんですけど
「寄付」に社会的なリターンが加わればそれは立派な「投資」になり得ます。

ふるさと納税にしたって、
どこかで儲かる得するって側面があるからブレイクしているわけで
人間なんてどこか下世話な面がある方が市場は大きくなるもんです。

…というより下世話な市場じゃないと盛り上がらないんですよ。

ムーブメントは下世話なことから始まりますから。
寄付市場もキレイごと並べてないで下世話なこと考えればいいんです。

「寄付」をして寄付者も得すれば
それは立派なビジネスとして成り立つわけで
それが
新世紀の新しい産業にでもなれば
それこそ社会を変えるお金の使い方になるじゃないですか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは執筆活動の種として還元させていただきます。

ありがとうございます。励みになります。
30

100年時代のお金の在り方

人生100年設計の時代。新しいお金の在り方、使い方を考察しています。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。