お金持ちは知っている節税

こんにちは、ラン丸(@sign45917948)です。

富裕層は猛勉強していて、一般人は無関心な分野。

知識の差が大きいのは「税制」です。

この節税法は、一般の会社員にも有益な情報です。

今回は、節税について解説していきます。

お金持ちは税金をコストと考える

富裕層と一般の人との知識差が大きい分野のひとつに税金があります。

実際、富裕層は税理士以上に税法に詳しい人も多く、どうすれば財

もっとみる

ふるさと納税で新潟・山形地震被災地を支援。山形県鶴岡市より「はえぬき」届きました!

こちらの記事

でも書いたとおり、
この度の新潟・山形の地震での
被災地域へのふるさと納税による
寄付を致しました。

そして、自分自身の考えのもと、
返礼品もいただくこととしました。

そのふるさと納税で、山形県鶴岡市から
お米「はえぬき」が届きました。

はえぬきといえば、つや姫などと並び、
山形を代表するお米の1つですし、
これから楽しみにいただきたいと思います。

今回、山形県鶴岡市へは

もっとみる

ふるさと納税で新潟・山形地震被災地を支援。新潟県長岡市より「新之助」届きました!

こちらの記事

でも書いたとおり、
この度の新潟・山形の地震での
被災地域へのふるさと納税による
寄付を致しました。

そして、自分自身の考えのもと、
返礼品もいただくこととしました。

そのふるさと納税で、新潟県長岡市から
お米「新之助」が届きました。

昨年、新潟遠征で「新之助」のサブレを
お土産に購入してブログでも
紹介記事を書きましたが、

「新之助」は2017年に発売された
新潟の新しい

もっとみる

2019.7.9 デイリーレポート

ビール飲みながら楽しく資産運用 笑笑

今夜のビール♡

・よなよなエール

1997年7月7日に生まれ、コクのある味わいや手軽に飲めるエールビールとして愛され続けている、株式会社ヤッホーブルーイングの『よなよなエール』。

2019.7.9 デイリーレポート

・iDeCo(個人型確定拠出年金)
元本 68,349円
評価額 70,145円
+1,796円 +7.55%(運用利回り)

・つみた

もっとみる

地方民におけるふるさと納税のハック

よっぴーさんのお金の話がちょっと気になりふるさと納税を調べてみたのですが、、、これ受益側の地域に住んでいる人はその土地のモノで生活必需品&被災時必需品を買い減免措置を受けたほうがいいんじゃないの?という事です。

わかりますかね、、このトリック。。。

東京以外の都道府県がいわゆる減免のためのふるさと返礼品を考えますよね?

で、東京のひとに買ってもらおうとしますよね?

でも、それ自営でお金回し

もっとみる

総務省:ふるさと納税の新制度の利用申請状況を公表!

総務省は、2019年6月1日から実施される、ふるさと納税(特例控除)の新制度への利用申請状況を明らかにしました。

 それによりますと、新制度は、総務大臣による指定を受けるためには、ふるさと納税の募集の適正な実施に関する事項を記載した申請書等を総務大臣に提出(毎年7月1日から同月31日まで)することとされ、指定期間は、その年10月1日からその翌年9月30日(改正初年度は今年6月1日から来年9月30

もっとみる

ふるさと納税のさくらんぼ!

昨日、昨年頼んだふるさと納税のさくらんぼが届いた! 山形のものだけど、佐藤錦ではない。以前山形の友達がおすすめしてくれて、送ってもらったことのある「紅秀峰(べにしゅうほう)」だ。地元の人は佐藤錦より紅秀峰派の人も多いんだって。

そのときすごく美味しかったから、今年も頼もうかななんて思っていたところ、ふるさと納税のラインナップの中にあるのを見つけて申し込んだ。お肉と果物は必ず頼むと決めている。

もっとみる

ふるさと納税の逆進性

ふるさと納税について世田谷区長が異議を表明している(6月26日日経)。世田谷区はふるさと納税による住民税の純流出の筆頭だ。ふるさと納税の自治体の財政に対するインパクトはもちろん深刻だが、どんな多額の寄附も寄附者コストは均一の2000円であり、換言すれば、金持ちほど多額の返礼品の恩恵に与かれるという逆進性には、一般国民は反感を覚えるだろう。野党がここをつかないのは何か理由があるのか?

鳥飼総合法律

もっとみる

スタジアム寄付の集め方を考える #まちSTA

先日の報道でもありましたが、広島のスタジアム建設に当たって法人寄付・個人寄付を受け付ける基金の設置が表明されています。

広島)新サッカースタジアム建設へ基金 官民寄付募る(朝日新聞 2019年6月5日)

建設費に充てる、企業や個人からの寄付を集約する基金も創設する。今年度に見込む個人の寄付は2千万円。個人寄付は総額1億円程度を目指したいという。

目標まで寄付を集めたいのはもちろんですが、それ

もっとみる

ふるさと納税の見直し

◆2019年6月1日からの制度変更

 一部自治体のお礼の品は寄附に対しての割合が高すぎる、過度な競争が起きているとして、今年6月1日以降の寄附について、大臣が指定しない自治体に対しての寄附は、ふるさと納税における住民税の特別控除が適用されなくなります。

◆ふるさと納税適用外の自治体

 2019年6月1日以降、ふるさと納税の対象とならない団体は、東京都(申込書の提出が無かった)、静岡県小山町、

もっとみる