変形性関節症に対するグルコサミンの効果

 グルコサミンはグルコースにアミノ基 (-NH2) が付いた代表的なアミノ糖であり、動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれている。生体内ではN-アセチルグルコサミンに変換され、関節軟骨のグリコサミノグリカンに取り込まれる。このグリコサミノグリカンが軟骨の細胞外基質であるプロテオグリカンを構成しており、関節軟骨、椎間板および滑液に多量に存在する。[1]

 グルコサミンは塩酸塩または硫酸塩として安定であり、これは特に変形性関節症の治療において欧州を中心に臨床的に使用されてきた経緯がある。従って本稿では変形性関節症におけるグルコサミンの臨床効果についてレビューする。

この続きをみるには

この続き:8,484文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ビタミン、ミネラル以外のサプリメントや健康食品の臨床効果に関するエビデンスのレビュー記事です。医療従事者を対象としたコンテンツ内容にな...

または、記事単体で購入する

変形性関節症に対するグルコサミンの効果

青島周一

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

青島周一

健康食品エビデンスレビュー

ビタミン、ミネラル以外のサプリメントや健康食品の臨床効果に関するエビデンスのレビュー記事です。医療従事者を対象としたコンテンツ内容になっております。なお、各記事は年に1回アップデートを行い最新のエビデンス情報を反映させます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。