認知症に対するイチョウ葉エキスの効果

 イチョウ葉エキスには、めまい[1]、耳鳴り[2]、頭痛[3]、不安障害[4]に対する有用性が示唆されているが、有効性に関する臨床試験は主として認知症や認知機能に対して関心が向けられている。

 酸化的ストレスは、アルツハイマー病における病理学的変化のカスケードを加速しうるが、イチョウ葉エキスにはフラボノイドやテルペノイドなど、いくつかの抗酸化作用が含まれている。[5] また、 in vitro研究[6]では、イチョウ葉エキスがアミロイド凝集抑制作用を有することが示されている。さらに、イチョウ葉エキスは脳血管を弛緩させ、血液粘度を低下させるなどの血流改善作用も示されており [7] [8]これら薬理作用が認知症の予防や認知機能低下に対して有用ではないかと考えられている。

この続きをみるには

この続き:5,659文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ビタミン、ミネラル以外のサプリメントや健康食品の臨床効果に関するエビデンスのレビュー記事です。医療従事者を対象としたコンテンツ内容にな...

または、記事単体で購入する

認知症に対するイチョウ葉エキスの効果

青島周一

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

青島周一

健康食品エビデンスレビュー

ビタミン、ミネラル以外のサプリメントや健康食品の臨床効果に関するエビデンスのレビュー記事です。医療従事者を対象としたコンテンツ内容になっております。なお、各記事は年に1回アップデートを行い最新のエビデンス情報を反映させます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。