スクリーンショット_2019-06-12_20

約1年かけて準備!価値が伝わり仕事の取れる「チラシ名刺」サービスがいよいよ始動します


今週も前半が終了の水曜日。

今月は法人化の手続きなどに加えコンサルティングのご予約も多く、何時もに比べ1日1日があっという間に過ぎていきます。

もちろんそれはありがたいことで、そうなってくると不思議と新しいお仕事の話や、面白い企画などのお声がかかったりします。

さらにクライアントさんたちの方も好調で、売上が伸びていたり企業案件が入ったりしています。急ぎの案件も多いですが、コンサルタントになって今が一番充実した時間を送っているような気がします。


今回のタイミングで法人化と事務所移転をしたのには理由があります。

一番は、クライアントやサロンメンバーたちとわたしが一緒にサービスを生み出すという試みをスタートさせたいからです。

ブログやSNSでも折に触れて話していることなんですが、そもそもわたしがコンサルティング業を始めたのって、将来的にクライアントさんたちと一緒に仕事がしたいという思いからです。

お互いの良いところが生かせる商品やサービスを生み出し、お互いに宣伝し、しっかりと売っていく。そして利益を分配する・・・っていうのがやりたいことなんですよ。

仕事って軌道に乗ってくると一人でやるのは難しいです。
でも自分的に雇用して会社を大きくするというのは、向いてない気がしています。以前にも書きましたが、人を雇うことに対しては若干のトラウマがあります。

もちろん必要がある場合は雇用していきたいですが、基本的に組織を大きくしたいという気持ちはあまりなくて、それよりも少人数で運営して、クライアントの皆さんのサポートをするスタイルのビジネスモデルをしていきたいと、ずっと思っています。


で、今回、うちこラボと共同で、伝わる紙モノのプロジェクトをスタートさせました。

うちこラボのオーナーのうちこさんとは、わたしが東京でセミナーをし始めた頃からのお付き合いです。

もともと、消しゴムはんこの教室や販売をメインにしていたのですが、過去にキャリアのあるデザインの仕事を生かして、この度個人事業主向けのペーパーアイテムを中心とした、デザイン事務所をしていくことになりました。


その第一弾として、仕事が取れるチラシ名刺をスタートさせます。




チラシ名刺とは
「何をやっている人かがわかる名刺」です。
 
名刺ってみなさん、おしゃれで独自性があるものを用意されていると思いますが、具体的に何をしている人か、どんなものを売っている(教えている)のかがわからない人が圧倒的に多いです。
 
それだと名刺を渡しただけでは名前しかわかりませんので、仕事に繋がりにくいです。
  
チラシ名刺はショップカード、名刺、チラシが合わさったもので、写真と文字が強調された名刺です。
通常の名刺にもなりますし、おしゃれな名刺と2枚持ちで使い分けることでより、商品やサービスの良さが伝わりやすくなります。
 
 
実はチラシ名刺というのはすでにサービスとしてあるのですが、クリエイターや教室運営をされている方にとっては、デザイン的に納得できないようなものが多いのが現状です。

というのも、文字や写真をメインにしたチラシのようなカードで、訴求を強めていくとどうしても、ダサくなります(笑)

たとえばスーパーのチラシって、ダサいですよね。
文字がどーんと強調され、シンプル。色も強すぎたりします。

これはデザイナーさんが、価格や良さを強調するためにわざとやっています。

一般的なチラシ名刺もこれに準じた形になっているので、やっていることがわかりやすいのはわかるんだけど、ちょっとこれは配りたくない・・・というのが、クリエイターや教室運営をされている方の本音だと思います。

うちこラボではその部分を汲んだデザインを追求しています。
デザイン性やブランドイメージを生かしつつ「魅力やサービスが具体的に伝わる」ことを優先した名刺です。


名刺を一からデザインするって、素人にはすごく難しい・・・
でも、名刺屋さんのテンプレートでは、好みのものが見つからない・・・

そんな方のために、基本的なテンプレートをご用意したスタイルになっており、オンラインでデザイナーと相談しながら微調整ができるところがポイントです。
 
テンプレートもデザイン性を重視というよりも、その方の写真ややっていることをメインにしたつくりになっているので、自然と独自性が出ます。


実は、1年近くかけて形にしたプロジェクトです。
企画立案はわたしが提案して、うちこさんはデザインを考え、デザインサンプルを作り、今に至ります。

通常の教室運営をしながら、なんどもなんどもやり直しをしてかなり辛かったと思いますが、そのおかげでとても良いものができました。

伝わる紙モノということで、キャッチや文章などのアドバイスがついているという部分がポイントなんですが、2019年いっぱいはその部分をわたしの方で請け負うことにしています。


名刺だけなら自己紹介で終わりますが、具体的に何ができるのか、何をやっているのかがわかることで、仕事の依頼や紹介にも繋がりやすいし、何より記憶に残りやすいです。

大きなチラシを持って帰ってもらうより、カードサイズで名刺ケースに入るチラシの方が相手への負担も少ないですよね。

ショップカードと違うのは「ショップとして何ができるか」ではなく、名刺なので「個人として何ができるか」をピックアップしている点です。

もちろんこれから、ショップカードなどのサービスもリリースしていくと思いますが、まずは名刺からのスタートになります。


このサービスは現在、オンラインサロンおうちビジネス研究所内でモニターを募集中で、正式リリースは7月を予定しています。

またこれは第一弾で、この他にもうちこラボとのコラボでサービス化を予定しているものが複数あります。

いずれも個人事業主の方の販促サポートのようなサービスで、クリエイター・教室運営する側の視点を生かしたサービスになっています。


わたし自身も先述の通り、コラボでのサービスリリースに力を入れていきたいという思いがあるため、今後の展開がとても楽しみです。

また、わたしとのコラボだけでなく、メンバー同士のコラボにも力を入れていく予定です。

ただ単にコラボしましょう〜というだけでは、トラブルが起きやすいです。
なのでうちで仲介をさせていただき、条件をすり合わせてしっかりと契約を結んで、お互いに気持ちよくコラボできるような仕組みを準備しています。

そうすることで、企業案件が入った時にも同じような流れで対応できるので、臆することなく取引ができるようになります。


オンラインサロンもメンバーがもうすぐ100人。
年初に立てた目標では、6月までに100人、年末までに倍の200人なので、これからさらにサロンのサービスを拡充させて、「このサロン面白い!」「わたしも一緒に頑張りたい」という人を増やしていけるように頑張ります。



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18

たかはしあや

ポンコツすぎる会社員時代を過ごし、34歳で起業。輸入雑貨とハンドメイドの雑貨店を運営ののち、起業コンサルタントに。 書籍を執筆したり、40代でYouTuberデビューしたり、 オンラインサロンを運営したりしながら、好きなことで生きている独身アラフォーです。趣味はお茶収集と料理。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。