第58回短歌研究新人賞応募作「まちの若者」

することがない平日の夕すぎに空飛ぶ発光ハンバーグを見た

路地往けばアイボリーの外壁がヒトのおかげで濁り遂げてる

この色をアイボリーという名で呼んで償いの意を表したふり

ここで待つ許可をください爆弾の起動スイッチに似たの押しこむ

スクランブル交差点の信号が青になれば法螺を吹くのだ

老け顔の女子高生が老け顔の男子高生とデートしている

JK15.6がJK15.6.2になる夜

カバンから首吊りにして晒し出す過激派組織女子中高生

この続きをみるには

この続き:686文字

第58回短歌研究新人賞応募作「まちの若者」

Takanori Takano

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Takanori Takano

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。