見出し画像

カプセルホテルをハックする(11/11連泊中)

ちょっとしたコスト意識と大きな好奇心から「カプセルホテルで11連泊したら何かを見つけることができるのではないか」となり、やってみました。

11泊目

全国のカプセルホテルファンの皆様、泊まらず嫌いで利用を避けて来た皆様、いよいよ最終日。この記事を書く日が来てしまいました。

そんな大事な日にCSイベントに参加し様々な企業のCSの方と結局深夜3時頃まで飲んでて帰るの遅くなってごめんなさい、カプセル。

なぜだかわかりませんが、手が進まないのと画面が滲んでぼやけています。
(寝不足、あくび、ネタ切れ)

まずは今まで、何をして来たのかをここから読む人もいると思いますので整理しておきます。まだ見ていない方は是非とも1泊目から見ていただけると幸いです。1泊目から耐えて、耐えての10泊目の奇跡で燃え尽きていただいた上でここに戻って来てください(笑)

【過去の実績】

※各リンクをクリックすると当日の感想文を閲覧できます。

1泊目
2泊目
3泊目
4泊目
5泊目
6泊目
7泊目
8泊目
9泊目
10泊目
11泊目(今回)

何を書こうか本当に迷いましたが、最後は11泊を通して何が変わったのか、を簡単にまとめてみようかと思います。

・イベントで一部の方から「カプセルホテルの人」と覚えてもらえる。

・4日目くらいから他の人にカプセルホテルをプッシュするようになる。

・否定的なコメントには大体「意外といいっすよ」と返すようになる。

・寝相が良くなる。寝癖がつかなくなる。

・受付の人がだんだんと丁寧に対応してくれるようになる

・マットレスが徐々に良くなる(気のせい)

・窓が無いので視覚的な時間の感覚が鈍くなる代わりに体内時計が研ぎ澄まされる。

・静かに上のカプセルに登れるようになる。

・後半は自然と人が空いている時間にお風呂に入れるようになる。

・業務フローや採用基準が気になってくる。

・人に優しくなれる。

・人生におけるネタが1つできる。

もっとありますが、ざっと書けるのはこんなもんですかね。
こうやって11本の記事が書けたこと、書くために頭を使ったこと、アンテナを張って生活したこと、他の人がやらないだろうということをやりきったこと、ぜーんぶひっくるめて「非常に良かった」と考えています。

また、カプセルホテルについて書くということはおそらくもう無い(笑)と思いますが、「よし、試しにやってみるか、楽しそうだし」ということをやりきり、アウトプットするという一連の流れは、これからの人生において大いに役立つ習慣を私に与えてくれたと感じています。そういう意味では感謝ですね。

また、「何かをやろう!」と思った時に、

「ばかばかしい」「やる意味ない」「やめた方がいい」

など言われることは仕事で言えば、プロダクトマネージャーとして、取締役として、またプライベートで言えば、父親として、男として、人間として、これからもたくさんあると思っています。皆様もきっとあります。

素直に話を聞く、ということはもちろん大事ですが、そんな時に「そう言われたからやめる」、とはなるのではなく、それを踏まえ、再度考え、それでも本気でやりたいのであればやってみる、やめた方が良いと自分が思ったらやめる、としたいというのが自分が大事にしていることです。

今回の11連泊も「やらない」という選択肢ももちろんありました。でもそれでも人がやらないことをやれば何か見えることがあるかもしれない、その答えは少なくともやってみないと分からない。と思い、強行しました。

人生一度切りですし、本当にやりたいと思ったのであれば基本的にはやった方が良いです。皆様の中に、もし、やりたいと思っているのに何かしら理由をつけてやっていないことがあるとしたら、私が某ホテル予約サイトで11連泊を選択し、「えいや!やっちまえ!」と”予約する”をクリックしたようにとりあえず勢いでやってみてください^^

で、その結果をこうやってアウトプットしていけば、上手くいこうが、いくまいが必ずプラスになりますので。(noteは非常に書きやすいのでおすすめです。)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
一生涯カプセルホテルに宿泊しない、という人の方がおそらく多いと思いますが、何か1つでもお役に立てることがあれば幸いです。

以上、「カプセルホテルをハックする」最終回でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
9
Technology for Sales 勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる「ベルフェイス(bellFace)」の経営企画室長兼PdMやってます。セールス出身PdMとして、世の中のセールスの常識を変えていきます。モノづくりと組織づくりがメインミッションです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。