サービスづくりにおける3つの円

サービスづくりにおける会社組織は、どんな役割があればいいのか。と考えてみて、よくある3つの円に職種を分類してみました。
3つの円は、参考にした書籍があります。こちら。

Businessの円には、Sales、Marketer、CSを分類し、Developmentの円は、エンジニア陣、Designの円に、UI Designer、Web Designerを分類をしています。DesignとDevelopmentが重なる所は、Design Engineerになり、Businessと重なる所が、Product Manager、Project Managerと整理しました。(管理部門は含まれません)

僕は過去に10年近く在籍していた出戻りなのですが、僕がいない2年半の間にエンジニア組織が立ち上がり拡大してきて、モノづくり文化がインストールされてきています。さらにドライブをかけるには、もう1つ加える必要があると思っています。それはデザインというピースです。

円の大きさを2016年の弊社の社員数で出してみると、あきらかです。

どういうバランスが最適かは、業界や各社によって様々と思いますが、サービスづくりをする会社においてDesignの円があきらかに小さいのが現状です。

2017年は、Developmentの円も大きくしていきますが、Designの円ももっと大きくする必要があります。

ただ人が集まればいい訳ではない

人が集まればいいのかといえば違います。前職グッドパッチでは、こんな言葉があります。

偉大なプロダクトは偉大なチームから生まれる。

自社から偉大なプロダクトを生み出す為に、偉大なチームをつくらないといけません。足りないピースであるデザインの円を広げる必要もありますが、ただ広げる(採用)だけでなく、育成・制度や働く環境、チームビルディングにどんどん関わっていき、偉大な組織をデザインしたいと思います。その為にも最上段にある会社のVision、Mission、Valueにも関わります。(詳細は前記事を参照ください)

モノ・コトづくりをするバのデザインに注力したい!そんな2017年のはじまりです。

・・・

※2017年12月11日 追記
この記事を移行していて、ひとつ記事を思い出したので追記です。

シリコンバレーでは、デザイナー:エンジニアの比率が一桁台だそうです。(PM1、デザイナー1、エンジニア8みたいな10人チームがイメージできますね)

一般的なIT企業は1:50と言われているそうで、圧倒的にデザイナーを採用し増やしてきているのが今(既に過去かも)のシリコンバレーの企業たちです。
弊社は、一般的な方の部類なので比率を変えていきたい!という思いで進めています!
そして、我らが日本企業のデザイナーエンジニア比率はどのような状況なんでしょうか?気になるところです。

出典元:過去5年間でデザイナーの採用目標が倍増——大手6社のデータに見るデザイン人材の動向(2017年6月02日の記事)


※2017年1月5日のMediumから移行

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂き嬉しいです! ♥やSNSにシェアもして頂けるともっと嬉しいです!! 頂いたサポート金は執筆に繋がるような書籍や有料記事の購入費に使わせて頂きます。

👍
7

たけてつ

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。