言い続けると、ブランドになる。

言い続けると、ブランドになる。
 
ウォークマンが誕生するずっと前、ソニーがまだ東京通信工業という社名だったとき、日本で最初のテープレコーダーが誕生した。発明品としては画期的で大きな話題を読んだが、重さはなんと35kg、痩せ型の成人女性の体重にもありそうな重さである。価格も16万円と当時の物価を考えるとかなりの高額であった。そのため、まったく売れなかった。
 
ソニーの創業者の一人、井深大は一つの

もっとみる

自律/自立したチームを作る場合の最適人数は4人!

こんにちは!TAKKです。

私は「アジャイルなチーム」作りを目指しています。「アジャイルなチーム」を超端的に言うと、チームメンバーが自律/自立したチームです。管理者に依存せずに能動的に動けるチームです。

「アジャイル」という言葉はソフトウェア開発の世界ではよく使われますが、上記のような考え方ですので、総務課でも人事課でも使える考え方です。実際にアジャイル研修では他社の総務課の方と一緒になったこ

もっとみる

キングダムと”意味”の重なり

『相手を巻き込む伝え方』の中に、伊川のこんなセリフがあります。

「人はね、自分がやろうとしていることに、意味を感じるとすごく強いエネルギーが湧いてくるんだ。そしてそれを聴いた相手もまた、そのことに意味を感じるとまるで自分ごとの様になる。意味とは簡単に言えば“それをやりたい!”と思える理由ということかな」

ビジョンを描き語っていると、ある時それが誰かのビジョンと重なるような時があります。それは個

もっとみる

悩みは2種類

悩みは、2種類しかない
ひとつは、答えのない悩み
例えば、40歳でイチローみたいになりたいのだが…
答えのない悩みは、悩んでも時間のムダ
すぐに忘れよう。もしくは、時間があるときに考えることを楽しんでみる。

もうひとつは、答えがある悩み
答えがあるなら、答えに到達するやり方を考えて行動するのみ
やり方がわからなければ、調べるか、人に聞く
やらないのも、あきらめるのも一つの答えかも

悩んでる暇は

もっとみる

チーム作りって難しい

はい。
チーム作りに悩んでます。

僕は会社でWebマーケティング部署のマネージャーをしてるのですが、なかなかにチームビルディングに悩んでいます。
チーム作りのどんなところに悩んでいるのかというと、

◎仕事に対する姿勢
◎周りとの協調性
◎各々の処理能力の上げ方
◎新しい領域への自主的なチャレンジ
◎チームで遂行する力

こんなところに悩んでいます。
働く上でこれらの要素ってとても大事だと思うん

もっとみる

高畑先輩

今NHKで放送中のなつぞらの影響もあり、国立近代美術館で開催中の高畑勲展に行ってきました。

高畑さんは会社の大先輩です。ただ自分はもちろん、会社で一番古株の先輩ですら入社したときにはすでに退社されていたので、高畑さんについては伝聞の伝聞でしか聞いたことがありません。
(三年前、旧大泉スタジオの建て壊し工事の直前に会社にいらっしゃってたと後から聞きました。)

今回の展覧会では、実際に制作に使用さ

もっとみる

【次世代リーダーシップ(前編)】役職、権限がないリーダー〜スクラムマスターについて〜

IT、ソフトウェア開発界隈で勃興している「スクラム」について、どんな業界の方でもわかるように説明します。

今日はスクラムで定義されている役割の一つ、「スクラムマスター」についてお伝えします。

スクラムで定義される役割は3つ!?

スクラムというチームフレームワークを使って組織・チームを運営しようとすると、役割が3つだけになります。(なんという少なさ!)
よくある日本企業の役職って、

もっとみる

どう帰ってもらうか

お客さんにどう来てもらうかよりも
どう帰ってもらうか

ヒマな時ほど、考えよう(^^)

「こうしたら良いかも」を言える場所

ある物事について
批判が飛び交っているとき、
その内容をよく聴いていくと
その人なりの
「こうしたい」や「こうしたら良い」が
見え隠れしていると感じることがある。

「ここが良くない」
「こんなリスクがある」
と言っている人の頭の中には、
「こうしたら良いかも」くらいには
アイデアがあることが多い。

まだ「こうしたら良い」までの
確証や自信はなくて、
「こうしたい」ほどの意志も
ないけれど、

もっとみる

職場教育

教育は、教える側があきらめないこと
同じことを言いつづけて、100回いってもできなければちょっとあきらめる。
でも言い続ける。

伝え方を、こちらが教わってるのかもしれません。
言い方、伝え方を変えて何度も何度も言い続ける。

教わる側も、素直になって
自分のために言ってくれていると受け止めてね^^