選ぶことなんてできなかった

フリーランスは働く相手(取引先)を選べるからうらやましい。

そんな話をなんどか見聞きした。たしかに選ぶことはできる。それは間違いではない。でも、簡単に取引を終えたり、パートナーを解消したりすることはできない。ある意味では会社員よりもむつかしいのではないだろうか。

たくさんの収入源があり、ひとつくらい取引先がなくなっても大丈夫。という人は恐らく一握り。多くの場合、ひとつの取引先を失うことに恐怖を覚え、なかなか踏ん切ることができないはず。

ぼくがフリーで働くようになってから、今までにお断りした取引先というのはひとつもない。そこまで嫌な取引先はなかったけども、全部と円満に続いていたかというとそうではない。

ぼくだって「いやだな」と思うことはたくさんあった。でも、少ない金額だったとしても収入源を減らすことができず、すべてを継続していた。

働く相手を選ぶことなどほとんどできない。とくに立ち上げ期はそれが顕著。もちろん、どうしようもない相手ならやめなければならない。でもやっぱり怖いのだ。

守ってくれる上司や同僚はいない。そんな状況のなかで選ぶことなどできるのだろうか。

すくなくともぼくはできなかった。

ぼくがしょぼいだけなのかもしれないけれども、そんな甘いものじゃない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こちらサポートにコメントをつけられるようになっていたのですね。サポートを頂いた暁には歌集なりエッセイを購入しレビューさせて頂きます。

日常的なスキっていいっすよね?
13

Satoshi KATSUTA

野球ライターです。短歌や小説などの創作も好きです。なにを書くかはあまり決めてないですが、どうぞよろしくお願いします。

エッセイvol.2

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。