口に苦いけど良薬とは限らない

病院に行く日は毎回のように雨が降っている。

今日は朝からあいにくの雨。激しくはないけれども、傘がないとしんどい。そんな雨だ。たしか前回もそうだった。

雨で憂鬱になることはないけれども、濡れるのが少しだけ嫌だ。こう見えてぼくはデリケートなのである。

病院ではいつもと同じく聴力検査、そして問診。先週のめまいのことなどを少し話したが、具体的に解決策があるわけではない。もちろん、それはわかっていたの

もっとみる

かんがえること

珍しく夕方まで家にいた。

仕事もしていたけれど、大半は寝ていたような気がする。いや、気がするではなく、実際に寝ていた。疲れているわけではないのだろうけど、すぐに眠たくなってしまう。

幸いにも土日月の3日間は現地観戦もなく、ゆっくりできた。眠るのにはもってこい。めまいの発作で少しばかり辛い時間はあったものの、概ね良好だったのではないだろうか。

こういった自分の健康を気にするようになったのは、歳

もっとみる

平穏無事

平穏無事な1日だった。(といってもまだ2時間ほど残っているのだが)

4日ぶりにめまいが起きなかった。薬で抑えているからなのか、それともほんとうに出ていないのかの判断はつかないけれども、出なかったという事実は変わらない。

怪しい…と思うこともなく、まさになにごともなく1日を消化した。仕事は順調とまではいかないまでもまぁまぁこなしたし、悪くはない1日だったのではないか。

できることなら、もう少し

もっとみる

朝が怖い

朝10時過ぎ。今日も来たか、ヤバイやつだ。と感じ取った瞬間に頓服薬を手にしていた。

昨日と同じような現象。違うのは、ぼくが自宅ではなく喫茶店にいることくらいなものだ。幸いにも店内は混んでない。お手洗いも空いている。万が一、吐き気をもよおしてもなんとかなりそうだ。

本来であれば帰る方がいいのだろう。でも、歩いて30分。電車だと5分プラス10分ほど歩くことになる。喫茶店で回復を待とう、そう判断した

もっとみる

ひさびさのこと

ひさびさのことが起こった。

いつものように朝からお風呂に入り、さっぱりしたところで仕事に取り掛かろうと椅子に座る。その瞬間に猛烈なめまい。回転性とも浮遊性とも判断つかない、よくわからないこの感じ。

頓服薬を飲み、すぐさま横になった。めまいを感じた後、ぼくは目の焦点をなにかに合わせる。それでめまいが起こっているのかを確認するのだ。うん、めまいは起きている。

だからといってジタバタしてもしょうが

もっとみる

ねむい

眠気が止まらない。

疲れているのか、それとも薬の副作用なのかはわからないけれども、眠さは極限に達している。

そういえば、朝起きてからずっと眠かった。昼寝を1時間ほどしたけれどもそれでも眠い。球場からの帰りの電車の中で寝たかったが、そもそも座れなかった。

家についてから、ひと仕事終えこれから夜になるといったところだが、どうにも元気が出ない。体調が悪いわけではなく、眠いからだ。

この時間に眠っ

もっとみる

メンテナンス

身体のメンテナンスに気を使うようになったのはいつごろからだろう。

2年前に倒れたときからだろうか。体調管理をより一層するようになった。それだけではない。マッサージというかリフレクソロジーに定期的に通うようにもなった。

ライターという職業──ぼくだけなのかもしれないけど──は取材はあれど、大半は椅子に座って書いていることが多い。

そのため、腰や肩が非常に張る。シーズン中は歩くことも多く、下半身

もっとみる

短歌熱

短歌とか小説だとか俳句とか文字に関する全てが好きだ

そんな気持ち、とくに短歌熱が再燃してきた。もともと文字は好きなのだけれども、忙しさにかまけていた自分がいた。

ちょうど一昨年の今頃、ぼくは短歌に出会った。正確に言うと、短歌そのものは学生時代に習っているし、触れたことはあった。しかし、自分で詠むということはしたことがなかった(はず)。

一昨年の半年ほど、そして昨年の半年ほど。つまり都合一年間

もっとみる

微笑ましいこと

ちょっとしたことが重なると嬉しかったり、微笑ましかったりする。

だれかとおしゃべりをしているときに同じことを発したり、同じ本を同じ日に買っていたりとかそんな些細なこと。クレジットカードの有効期限が同時に切れていたり、実は同じものを食べていたりなんかのパターンもある。

どれもこれも大した事ではない。そうなんだけど、同時に──もしくは近い時期に──起こった事実が嬉しかったりする。べつに相手が意中の

もっとみる

しごとのこと

ぼくはライターという仕事をしている。それも野球という特定のジャンルだけで。

それでも、なんとかかんとか生活はできるし、貧困というわけではない。かといって贅沢ができるかというと、そんなことはまるでない。

ぼくがうまくいってる(と言っていいのかわからないけど)理由は大きく2つしかない(と思ってる)。

・続けていること
・営業力があったこと

まずは続けていること。ここに最初の壁がある。野球ライタ

もっとみる