Facebook広告コンテンツ制作:入門編

Facebook広告は広告主がオンラインで行う主要な広告手法として位置づけられることが多く、よりよい広告効果をもたらすための「Blueprint」と呼ばれるコースがFacebookから提供されています。このBlueprintにより、広告主は規約、価格、クリエイティブの重要性について学ぶことができます。コースについての概要およびコースで扱われている内容について見ていきます。

Facebookから発表されている通り、確かにAIとビッグデータは見込み顧客のターゲティングをサポートしてくれますが、説得力のあるクリエイティブを作成しない限り期待する効果は得られません。

クリエイティブにおける重要な点について見ていきましょう。

ポイント1:手を止めさせることができるか

10年前と比べ、人が注意を払うのに要する時間は短くなっており、13秒から5秒まで縮まっていると言われています。また、読むための時間も英語で換算すると1分間に130語まで短くなっていると言われており、より少ない時間でより多くの情報が消費されていることになります。

よって、広告主は短い時間でユーザーの注意を引き、スクロールする手を止めさせなければなりません。興味を引く画像を使う、これまでにない見せ方で広告を配信するなどの方法を使うことで、ユーザーが数秒間広告に注意を払う可能性が高まり、ユーザーの興味を引き、広告内容について検討してもらえる可能性は高まるでしょう。

この画像はマリリン・モンローに見えますが、よく見るとコカ・コーラが隠れていることがわかります。この広告クリエイティブは文字のない画像のみのクリエイティブです。しかしユーザーの興味を引く力があり、メッセージ性を持っているため、オンライン上でバズを生み出しました。

ポイント2:マーケティングファネルに合わせてクリエイティブを配置する

マーケターが直面する最大の課題の一つは、マーケティングファネルの上部から下部、認知から獲得へといかにユーザーを落とし込むかということです。幸いにも、Facebookにはキャンペーンのゴールを定義し、クリエイティブコンテンツを様々な方法で見せるための機能が備わっています。

認知のファネルにおいて求められる結果は、ターゲットにブランドを覚えてもらうことです。この目的を達成するためには動画によりブランドの魅力を伝えていくことが最もよい方法と言えます。

Facebookピクセルを使用することで、動画に興味を示している可能性が高いユーザーに対して、別の広告を使用してリターゲティングすることができます。この段階でターゲットのユーザーの一部は商品の購入やサービスの利用を検討し始め、オンラインでレビューを参照したり、ブランドのソーシャルメディアアカウントをチェックしたり競合他社との比較検討を通じて情報収集を行うでしょう。この段階ではインフルエンサーからの支持を得て、インフルエンサーとタイアップしたクリエイティブによる訴求を行うことや、クーポンを配布することも、ユーザーの購買行動を促すのに効果的と言えます。

重要な点は、これらの広告施策はすべて連動しており、ユーザーを購入の意思決定のための次のステップに進めることを目的としているということです。そのため、マーケティングファネルの各段階において何の施策を実施するべきかということを明確にプランニングする必要があります。

ポイント3:既存のクリエイティブの再活用

動画の長さはどれくらいが適切か、明確な答えはありませんが、Facebookは15秒を推奨しています。2分の動画でもユーザーからの支持を得られるなら問題はありませんが、それをクリップして短くし、独立したコンテンツとして活用するという方法もあります。長いコンテンツをクリップして短いコンテンツを作成する際、コンテンツのストーリーが変わらないように気を付けてください。まずはユーザーの興味を引くことが第一です。そうすることで別のクリエイティブを届けていく機会が生まれます。

次回のBlueprintに関する投稿では、クリエイティブを実際にFacebookに投稿する際に気を付けるべき3つのポイントについて見ていきます。


TAMKOはソーシャルファースト・エージェンシーです。

https://tamko.co
Facebook: /tamkoJP | Twitter: @tamkoJP | Instagram: @tamko.co

By: Youhsuan Chen
翻訳:山根 英彦

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

TAMKO

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。